平戸藩」タグアーカイブ

長崎県平戸市 普門寺(平戸藩主松浦熈墓所)


松浦家の21代当主であった松浦義は、
室町幕府6代将軍足利利教により、
肥前守に任じられていましたが、
義教は嘉吉の乱赤松満祐に殺害されてしまう。
義は義教の追悼の為に出家して融義と称し、
勝尾岳中腹に… 続きを読む

長崎県南松浦郡 続代官所跡

仕事で年に数度上五島へ行きますが、
上五島を含む五島列島は全て福江藩領か、
その支藩格の富江領かと思っていましたが、
平戸藩領もあったようです。


新上五島町浜ノ浦周辺(続代官所跡の場所)
中通島西側の道土井、… 続きを読む

長崎県佐世保市 江迎宿跡/吉田松陰の腰掛石

平戸往還平戸藩主松浦家参勤交代や、
長崎警備の際に使用された街道。


佐世保市江迎町周辺。緑の線が街道筋。
赤い線辺りが宿場のあった場所。
平戸往還は平戸城下の対岸である日の浦から、
江迎佐々早岐を経て、
彼杵続きを読む

長崎県平戸市 雄香寺(平戸藩松浦家墓所)

雄香寺は、平戸藩主松浦家の菩提寺で、
境内には5代藩主松浦棟以降の墓があります。


平戸市街北部周辺(雄香寺の場所)


開山堂」。
朱色が美しい別名「赤堂」と呼ばれる建物。
堂内には5代藩主松浦棟の墓があります。


松浦家墓所」。… 続きを読む

長崎県平戸市 松陰関連史跡

吉田松陰は嘉永3年に平戸に留学しています。
(記事はこちら)。
50日余り滞在して平戸藩重臣葉山左内を頼り、
その蔵書を多数読破しました。


吉田松陰宿泊紙屋跡」。
松陰の平戸での拠点は紙屋という旅宿。
宿を探しますがなかなか見つからず、
最終的に葉山の紹介でここに宿泊しています。
滞在中は葉山の蔵書を借りて読む日々でした。
何故かアンパンマンの石像が・・・・。


平戸の街並み。… 続きを読む