日蓮宗」タグアーカイブ

千葉県市川市 法華経寺

法華経寺は市川市中山にある日蓮宗大本山
下総の豪族富木常忍日蓮没後に出家し、
自邸に法花寺を創建。
日常と名乗って初代住持となりました。
また別の豪族大田乗明本妙寺を創建し、
その子… 続きを読む

長崎県長崎市 本蓮寺

天正19年(1591)、葡国人船長の寄附により、
長崎に日本初のハンセン病病院が建設。
聖ラザロ病院と名付けられ、
聖ジョアン・バウチスタ教会が併設ましたが、
徳川幕府禁教令によってこれらは破却され、
その跡地に日恵本蓮寺を創建します。
日恵は加藤清正より拝領した兜をかぶり、… 続きを読む

長崎県大村市 本経寺/大村藩大村家墓所②

/②

つづき。


寛長院殿前筑刕太守徳山日廣大居士」。
5代藩主大村純伊の墓。
4代大村純長の次男として生まれ、
父の死去に伴い家督を相続。
治世では凶作や捕鯨の不振が重なり、
藩財政が逼迫していた為、
新田開発や年貢の増徴を行ったり、
家臣団をリストラしたりしていますが、
幕府普請などで好転することはなく、… 続きを読む

長崎県大村市 本経寺/大村藩大村家墓所①

①/

大村藩の初代藩主である大村喜前は、
熱心なキリシタン大名でしたが、
幕府の方針に従い家名存続の為に棄教し、
加藤清正の勧めで日蓮宗に改宗しています。
本経寺は大村家の菩提寺として建立され、
歴代藩主および一族の墓所となりました。


本堂」。… 続きを読む

三重県桑名市 圓妙寺/松平定良墓所

松平定良淀藩当時の松平定綱の次男で、
定綱が大垣藩、そして桑名藩に移った後、
死去した事に伴い桑名藩藩主となります。
聡明であったとされ信望も厚かったようですが、
体が弱くて病気がちだった為、
度々有馬温泉に療養に出かけていたという。
そして湯治からの帰路の… 続きを読む