柳川藩」タグアーカイブ

福島県伊達市 下手渡陣屋跡

柳河藩初代藩主立花宗茂の実弟立花直次は、
関ケ原の戦いで西軍でだった為、
兄の宗茂と共に改易されますが、
後に2代将軍徳川秀忠に召し抱えられ、
常陸国筑波郡柿岡5000石の旗本となりました。

直次の次代立花種次の代に5千石加増のうえ、… 続きを読む

福岡県柳川市 柳川城跡

柳河藩立花家の初代藩主立花宗茂は、
大友宗麟の配下の忠義の武人高橋紹運の長男で、
同じく宗麟配下の立花道雪の養嗣子となった人物。
この両雄を父と養父に持つサラブレッドの宗茂は、
大友宗麟が豊臣秀吉に下った際に、
豊臣家の直参家臣となっています。

これは秀吉が宗麟に宗茂を譲るように命じたとも、
宗麟が家中の逸材である宗茂を譲って、
自分の忠義を示したともされますが、
とにかくそれほどの人物であったという事でしょう。… 続きを読む

福岡県大牟田市 早馬神社

幕末三剣士(天保三剣士)の一人である大石進は、
柳河藩大石太郎兵衛の長男として生まれ、
新陰流剣術及び大島流槍術剣槍術を父に学びます。
大石家は祖父の代より、柳河藩の剣槍術師範役及び、
柳河藩の同族である三池藩の剣槍術師範役で、
その為に交際費がかさんで苦しい生活を強いられ、
進は田畑を耕して家計を補ったそうです。… 続きを読む

福岡県大牟田市 三池陣屋跡

三池藩は、三池立花家が支配する1万石の小藩ですが、
本流である柳河藩立花家の支藩ではなく独立した藩でした。
大友宗麟配下であった高橋紹運の次男で、
柳河藩初代立花宗茂の弟、
高橋直次の嫡男立花種次を藩祖とします。

直次は立花道雪続きを読む