毛利家墓所」タグアーカイブ

下関市長府 笑山寺(長府藩毛利家墓所)

長府毛利家初代藩主毛利秀元は、
祖母である乃美大方の菩提寺を建立し、
はじめ妙寿寺と名付けられていましたが、
後に穂井田元清の戒名から笑山寺に改称されました。
※元清の戒名は洞雲寺殿笑山常快禅定門

乃美大方は毛利元就続きを読む

下関市長府 功山寺(長府藩毛利家墓所)

何度も功山寺の記事をUPしていますが、
考えたら藩主家墓所としての記事はありませんので、
今回は藩主家墓所として功山寺の記事を書いてみます。

長府毛利家の菩提寺は3つ。
この功山寺の他に笑山寺覚苑寺があり、
それぞれに長府藩主の墓が振り分けられています。
功山寺には初代毛利秀元の他に、
5代毛利元矩続きを読む

山口県熊毛郡 海前寺跡(大野毛利家墓所)

長州藩には八つの家老家(うち2つは準一門)があました。
宍戸家を筆頭に、右田厚狭吉敷阿川大野の毛利家と、
禁門の変の責任で一時断絶した益田、… 続きを読む

周南市小松原 貞昌寺(宍戸家墓所)

長州藩筆頭家老宍戸家は、毛利元就の中国制覇に貢献し、
一門衆として吉川小早川に次ぐ待遇を受けており、
毛利家の防長減封後も代々筆頭家老を努めています。

吉川家は関が原の確執から、藩内での発言力を失い、
小早川家は豊臣政権下で独立した為、
※後に断絶。別家は吉敷毛利となっています。
宍戸家は必然的に一門筆頭となったわけです。

はじめ佐波郡右田を所領としていましたが、
16代当主… 続きを読む

周南市 大成寺(徳山藩毛利家墓所)

徳山毛利家毛利輝元の次男毛利就隆を祖とし、
就隆が3万石を分与されて徳山藩が成立しました。
はじめは下松を藩庁としましたが、
交通が不便であった為に領内の野上村に藩庁を移し、
地名を徳山と改めて以後、徳山を藩庁としますが、
3代藩主毛利元次が宗家と領界争論を起こし、
主家に背いたとして幕府により改易処分となりますが、… 続きを読む