藩校・郷校・私塾」タグアーカイブ

滋賀県高島市 藩校修身堂跡

JR近江高島駅より圓光寺へ向かう途中、
建築会社の木材倉庫があり、
その傍らに石標が建てられていました。


藩校修身堂跡」。
修身堂は8代藩主分部光賓が創設し、
儒臣中村鸞渓文芸奉行として教育にあたり、
子弟は8歳で入学が義務付けられました。
儒学の他に… 続きを読む

宮城県大崎市 有備館

有備館岩出山伊達家が創設した郷校で、
開校は嘉永3年頃と考えられており、
岩出山要害北の隠居所下屋敷に開設されました。

この有備館に書院造りの御改所が現存し、
日本最古の学問所建築物として、
国の史跡および名勝に指定されています。

旧有備館および庭園続きを読む

山形県鶴岡市 致道館

庄内藩の藩校致道館は7代藩主酒井忠徳が、
文化2年(1805)に創設したもので、
当初山王社(現日枝神社)近くにありましたが、
文化13年に三ノ丸の現在地に移されています。

現存する東北地方唯一の藩校建造物で、
講堂御入間、… 続きを読む

愛媛県西条市 近藤篤山関連史跡

小松藩の参政であった竹鼻正脩は、
7代藩主一柳頼親に藩校設立を進言し、
これが認められて藩校養正館が設立されます。

竹鼻は川之江の儒者近藤篤山を教授に迎え、
藩校を幕府の学問所昌平黌に倣って整備。
藩士子弟のみならず庶民にも門戸を開き、
藩内外に人材を輩出しました。… 続きを読む

青森県弘前市 弘前城【再訪】

弘前城に再び訪問しました。
前回の訪れたのは約1年前の初春頃(記事はこちら)。
雪が多い以外はそれほど変わった様子ありません。


弘前城天守」。
本丸石垣が外側に膨らむ「はらみ」が生じた為、
崩壊の危険があるということで修理が行われており、
それに伴い、天守が本丸中央に曳屋されています。

現存するこの三重三層続きを読む