蘭医」タグアーカイブ

佐賀県神埼市 伊東玄朴旧宅

佐賀県神埼市にある仁比山神社の参道沿いに、
幕末の幕府奥医師伊東玄朴の旧宅があります。

玄朴は、仁比山神社仕えた農民執行重助の長男で、
漢方医古川左庵に入門して医学を学び、
父の死後に自宅を建て直して医院を開業しました。

約4年間村医者として地域に尽くしましたが、
西洋医学に興味を持ち蓮池の蘭医島本良順続きを読む

千葉県佐倉市 佐倉順天堂記念館

佐倉訪問で最後に訪れたのは「佐倉順天堂記念館」。
その名のとおり佐倉順天堂の一部が保存され、
当時の医学書や医療器具などが展示されています。


佐倉順天堂記念館」。
開業当時は成田街道の道路向かいにありましたが、
安政5年にここに移転し、その後拡充されました。
現在残る建物は診療棟の一部にあたります。


佐藤泰然先生」胸像。… 続きを読む

愛媛県宇和島市 大村益次郎住居跡

周防の村医村田良庵は、緒方洪庵適塾で蘭学を学び、
塾頭を勤めた後、鋳銭司に帰って医者を開業しています。

高野長英を幕吏の探索によって失った宇和島藩では、
高野に代わるのような蘭学者を求めていましたが、
そこで白羽の矢が立ったのが、
二宮敬作を訪ねに来た村田でした。

二宮や高野門下の藩士に一流の蘭学者と認められた村田は、
宇和島藩主… 続きを読む

岡山県岡山市 足守陣屋跡

豊臣家は、大坂夏の陣豊臣秀頼が自刃して断絶しましたが、
豊臣秀吉の正室高台院の兄木下家定の家系が江戸時代も続き、
幕府より豊臣姓を名乗る事が許されています。

豊臣政権下で家定と3人の息子は大名となっていましたが、
家定の三男木下延俊続きを読む

大阪市北区 龍海寺(緒方洪庵墓所)

幕末における偉大なる師といえば緒方洪庵でしょう。
洪庵の私塾「適塾」からは、多くの人材が輩出され、
明治維新の原動力となりました。

維新の原動力となった塾といえば、
吉田松陰松下村塾が挙げられますが、
こちらは革命家を育てた塾であり、
技術者を育てた適塾とは違います。… 続きを読む