長州藩家老」タグアーカイブ

山口県熊毛郡 海前寺跡(大野毛利家墓所)

長州藩には八つの家老家(うち2つは準一門)があました。
宍戸家を筆頭に、右田厚狭吉敷阿川大野の毛利家と、
禁門の変の責任で一時断絶した益田、… 続きを読む

小早川家の復興

毛利元就両川と呼ばれた吉川元春小早川隆景
嫡男の毛利隆元を補佐して中国制覇に大きく貢献し、
一般的に「三本の矢の教え」で知られるように、
隆元そしてその子毛利輝元を盛り立てました。

吉川元春は戦上手として知られ、その戦跡は76戦64勝。… 続きを読む

周南市 宍戸家郷校徳修館

熊毛ICの入口付近に、
宍戸家の郷校「徳修館」があります。


熊毛IC周辺(徳修館の場所)


徳修館」。
21代宍戸就年が、士民教育の為に創立した郷校。
23代宍戸元礼は、明倫館に模して聖廟を新築し、
その聖廟が現在残っています。… 続きを読む

周南市小松原 貞昌寺(宍戸家墓所)

長州藩筆頭家老宍戸家は、毛利元就の中国制覇に貢献し、
一門衆として吉川小早川に次ぐ待遇を受けており、
毛利家の防長減封後も代々筆頭家老を努めています。

吉川家は関が原の確執から、藩内での発言力を失い、
小早川家は豊臣政権下で独立した為、
※後に断絶。別家は吉敷毛利となっています。
宍戸家は必然的に一門筆頭となったわけです。

はじめ佐波郡右田を所領としていましたが、
16代当主… 続きを読む

長州藩家臣団の軍隊

長州藩といえば奇兵隊など諸隊にスポットが当たりますが、
もちろん諸隊だけが長州藩兵ではありません。

内訌戦正義派が勝利し、抗幕体制が成立すると、
来たるべき幕府戦に備えて軍政改革が行われます。
諸隊は改めて整備され、規則や定員、駐屯地が決められ、
藩の統括する正式な軍隊となりました。

これに加え、従来の封建家臣団続きを読む