関所」タグアーカイブ

青森県平川市 碇ヶ関宿跡/御関所跡

碇ヶ関御関所弘前藩が設置した国境の関所で、
本陣も備えた宿場町であった為に、
地域一帯が城下町の様相を呈していたとされ、
弘前城の出城のようなものでもありました。


平川市碇ヶ関周辺。緑の線が羽州街道
赤丸辺りが宿場跡。… 続きを読む

山口県山口市 野坂御番所跡

江戸時代。領地と領地の境界には口留番所が設けられ、
領内を出入する人や物資の取締りが行われていました。

ご禁制の品を取り締まったり、通行税を徴収しましたが、
番所によってその厳しさは様々。
例えば仲の悪い藩同士であれば、
その取締りは厳しくもなるでしょうし、
反対に殆どスルーというものもありました。

所属する藩や村役人が発行する通行手形が必要ですが、
伊勢参りなどの寺社参拝続きを読む

青森県上北郡 馬門宿と藩境塚

盛岡藩南部家鎌倉時代から続く名門で、
最盛期の戦国時代には現在の岩手県中北部と、
青森県全域を掌握していました。

しかしその一族である大浦為信は、
南部家に反旗を翻して独立を図り、
中央の豊臣政権に対する工作が功を奏して、
津軽氏を名乗って大名として独立。… 続きを読む

島根県益田市 扇原関所跡

慶応2年に幕府第二次長州征伐を開始。
長州藩領に四方から侵攻します。
小倉口(現福岡県)、芸州口(現広島県)、
大島口(周防大島)、石州口(現島根県)です。
絶体絶命の状況で幕府軍を迎え撃ちますが、
それぞれの戦場にはそれぞれのドラマがあり、
石州口ではこんなドラマがありました。

長州藩と隣接する津和野藩は… 続きを読む