鹿児島県鹿児島市 城山~南洲墓地

鍛冶屋町を周った後、車で城山へ。
城山は鶴丸城の裏手にある険しい山で、
西南戦争で薩軍が最後に立てこもった場所です。
前回の鹿児島訪問の際には、徒歩で行けなかったので、
今回はどうしても行きたかった所です。

西郷と薩軍の最後の足取り順に巡ってみます。
カメラの調子が悪い・・・・。


①城山公園内にある「明治十年戦役薩軍本営跡」です。
写真がボケすぎて何がなんだかわかりませんね。

・・ふと思ったんですが、「西南戦争」って名前はどこからきたのでしょう?
他の不平士族の反乱は、「神風連の乱」、「秋月の乱」、「萩の乱」と
「の乱」という名前が付いていますが、「西南戦争」は「戦争」です。
大規模だったので、「乱」ではなく「戦争」にしたのでしょう。
また、「神風連」は反乱した組織の名称(反対派からの呼称)、
「秋月」や「萩」は地名です。「西南戦争」の西南はなんなんでしょう?
日本の南西部で起こったので、「南西戦争」というならわかりますが、
南西とは言いますが、西南なんて云いませんよねぇ。
この答えとして、
日本は古来、方位に関しては「東、西を先に言う」という習慣があり、
北、南を先に言う」のは明治中期以降だとのこと。
「東北地方」も「東、西を先に言う」習慣の名残だと・・。
まあそうなんでしょうけど、九州の事を「西南」と呼ぶ例をあまり聞きませんよね。
どうしても「西郷南洲」からの由来ではないかと疑ってしまう。
「大塩平八郎の乱」とか「平将門の乱」とか人名が使われてる事もあるので、
「西郷南洲の乱」でもいいわけで、先ほどの大規模なので「戦争」とした事を考えると、
西戦争」となり、それじゃ長いので「西南戦争」となったんじゃないかなと・・。
なんだか陰謀説になりそうなんでやめます(笑)。


②「西郷洞窟」。
西郷が最後の五日間を過ごしたのがこの洞窟ということです。
石碑には「南州翁洞中記念碑」と書かれています。

洞窟は意外と奥がありません。
寝泊りするには一人がやっとといったところですね。

西郷どんの大きな像があり、
その奥には西南の経緯が絵で展示されているそうですが・・・。
早朝なんで電気が点いていませんでした。

道路向かいにも西郷どんがいます。


③西郷洞窟から坂を下っていくと見えてくるのが。
南洲翁終焉之地」。
ここで「晋どんここらでよか」と言ったのでしょうね。


④さて、最後は「南洲公園」の西郷以下薩軍戦死者が眠る南洲墓地へ。
敷地内に西郷南洲顕彰館がありますが、早朝なんで開いていません。
西郷関係の資料や、西郷の一生をジオラマ化したものが展示されてるようですね。

そして「南洲墓地」へ。
巨大な墓石が無数に並ぶ光景は圧巻でした。
招魂場の奥都城を見慣れているせいもありますが、大迫力です。

知った名前もちらほら見られます。
この墓地は、大大名の墓地に匹敵する規模だと思います。
・・・いえ、それ以上でしょう。
ここには南戦争で戦死した2023名の将士が眠っています。

そしてその中央には「西郷隆盛墓」。
でも墓石には「西郷隆墓」と書いているように見えます。
両脇には桐野利秋、篠原国幹の墓が左右を固め、
村田新八、辺見十郎太、別府晋介、桂久武ら幹部の墓も見られました。
その光景は薩軍そのものだと言っても良いのかもしれません。

墓地の隣には「南洲神社」があります。
もちろん西郷隆盛命が主祭神です。
境内にある戦没者名簿には、
2023名すべての将士の名前が刻まれています。

早朝から鍛冶屋町~城山と周りましたが、
車も少なかったので、仕事前に目的を果たすことができました。
まだまだ鹿児島には行きたいところがありますが、
今回はこれで打ち止め。
南洲公園より仕事の現場へと向かいました。
あいにくの天気で小雨もぱらつき、前回同様桜島は見れませんでした。
次回こそ桜島の雄姿を拝みたいと思います。

■関連記事■
鹿児島県鹿児島市 市内中心部
 鹿児島県初の記事。
鹿児島県鹿児島市 鶴丸城跡(再訪)
 鶴丸城へ再訪した時の記事。
溶岩に埋もれた薩摩藩の造船所
 幕末時の桜島は島だったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。