溶岩に埋もれた薩摩藩の造船所

鹿児島県では当たり前のように知られる事ですが、
現在陸続きとなっている桜島は、
幕末当時は完全に大隅半島と離れた島でした。


明治35年の桜島。


現在の桜島。

陸続きとなったのは、
大正大噴火と呼ばれる大正3年の噴火によって、
流れ出た溶岩が桜島と大隅半島を繋いだ為。

大量の噴石が島内全域に降り注ぎ、
東西に火砕流と溶岩が流れ出し、麓の村々を焼き尽くし、
死者58人を出す大惨事となります。
東側に流れ出た桜島の溶岩は、
桜島と大隅半島を隔てる瀬戸海峡に流れ込み、
当時は深さ72mもあったとされる瀬戸海峡を、
埋め尽くしてしまいました。

こうして桜島は陸続きとなったわけですが、
実はこの現在存在しない瀬戸海峡には、
瀬戸村造船所という薩摩藩の造船所があり、
日本初の本格的洋式軍艦「昇平丸」の他、
大元丸」「承天丸」が建造されました。
その瀬戸村造船所のあった瀬戸村も、
流れ出た溶岩の餌食となっており、
溶岩の陸地である大正溶岩に埋もれています。


黒神埋没鳥居」。
瀬戸村北側黒神地区にある溶岩で埋没した鳥居。
黒神にある腹五社神社の鳥居で、元々は3mあったという。
溶岩の恐ろしさを伝える遺跡として、
当時の村長が残すことに決めたらしい。

桜島は現在もなお、活発な活動を続ける活火山です。
噴石が落ちてくることも稀にあるようですし、
至る所に噴石の避難場所も設けられており、
地元の小学生がヘルメットをしている様子も見られました。
しかし鹿児島の人々は桜島に誇りを持っているのが感じられ、
桜島と共に生きていく気持ちが伝わってきます。
薩摩隼人の気質というのは、
桜島あってこそなのかもしれませんね。

■関連記事■
鹿児島県鹿児島市 桐野利秋開墾地跡
 薩摩に帰った桐野俊秋が開墾したとされる場所。
鹿児島県鹿児島市 城山~南洲墓地
 西郷隆盛の最後の足跡。
鹿児島県鹿児島市 市内中心部
 鹿児島県初の記事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。