鹿児島県鹿児島市 桐野利秋開墾地跡

鹿児島へ仕事で日帰り・・・。なかなかハードです。
しかも鹿児島へ行くときは、何故か天気があまり良くない。
今回も生憎の雨だったので、
史跡でも寄れたらなという思いは崩れ去る。

でも、現場から帰る途中に看板が見えましたので、
雨の中ですが寄ってみました。

県道40号線沿いを車で進んでいると見つけました。
これは寄らないわけにはいきません。


鹿児島市本城町周辺(桐野利秋開墾地跡の場所)

西郷隆盛の下野と共に辞表を提出した桐野利秋は、
この地に従僕一人を伴ってやって来て、
ここの開墾に精を出します。
身分や禄を失った不平士族達に対して、
食い扶持は自分で稼げと実践したのでしょう。


桐野利秋開墾地跡」の説明板。
先ほどの看板から道に入ると建っています。


説明板に地図が載っています。
開墾地はこの奥のようですね。


桐野利秋田蘆跡」碑。
この場所に桐野は小屋を建てて暮らしました。
桐野が西南戦争で戦死した後、
昵懇であった豪農山下孫兵衛は、
桐野がこの地で農耕したという事を後世に残したいと、
この碑を建立したようです。


桐野が開墾したとされる場所。
水田だったようですが、
今は米は作られていないようです。
桐野はここに水田4反、畑5反ほどを拓きました。

全国的に名の知られた桐野ですので、
隠遁暮らしをしていても、
桐野を訪ねて来る人は後を絶ちません。
彼の許にそういう士が訪れると、
夜を徹して万国の形勢を論じ合ったようです。
また、佐賀の乱で落ちてきた石井武之助徳久孝次郎を匿い、
官軍が捕縛に来ると、その捕吏達を怒鳴って追い返しました。
後にこの2人は、西南戦争で戦死しています。

桐野は禄5石という貧窮の家に生まれたため、
若いころは農民同様の生活を送っていたようですから、
農耕はお手の物だったのかもしれませんが、
陸軍中将にまで登り詰めた男が、
自ら鍬を握って農地を切り開くという事は、
なかなか出来るものではありません。
桐野利秋の人物像に関しては、
僕ももう少し勉強せねばならぬところですが、
この開墾地を訪れて、その一端に触れる事ができました。

■関連記事■
「人斬り半次郎」池波正太郎
 中村半次郎の生涯を描いた池波正太郎の長編小説。
半次郎
 榎木孝明主演の桐野利秋を描いた映画。
おりょうさんについて①
 お龍は中村半次郎に夜這いされかけたと証言。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。