半次郎

榎木孝明主演の「半次郎」を見ました。

人斬り半次郎こと中村半次郎(桐野利秋)を描いた映画です。


主人公の中村半次郎は、榎木孝明。
この人西南戦争の激戦地鹿児島県伊佐市の出身なんですね。
また、示現流の達人でもあるらしい。
そういうわけで、自ら企画した映画のようです。
でも、この人上品なんですよね~。
下級藩士より殿様がよく似合うんです。
映画「天と地と」の上杉謙信、「長州ファイブ」の毛利敬親
去年の大河「八重の桜」でも井伊直弼やってますね。
現代劇でも浅見光彦シリーズの浅見警視監(浅見光彦の兄)とか
偉いさん役がぴったりです。

物語は幕末からやるんですが、かなり端折ってて、
関わった大きな事件やなんかもないので、
ただ単純に剣が強いだけの人の印象が残ります。

ストーリー的にまとまりが無く、幕末からスタートせずに、
西南戦争のみを描いても良かったんじゃないかと思いますが、
西南戦争の描き方は悪くないです。

AKIRA演じる永山弥一郎は、
近くの農家の老婆から家を買って史実どおり自決。
坂上忍演じる村田新八や、辺見十郎太もいい味出してます。
なにより城山での薩軍の絶望感は。ビシビシ伝わりました。
西郷自決のシーンは特に良かった。西郷はあまりセリフなく、
西南戦争で西郷の意思が反映されたのは、
自刃の時だけだったのかな?と感じますね。

でも、主役の桐野が死ぬシーンに村田さとはいらんかったな。
とっても残念な感じです。

この映画は示現流を見せるための映画なんだなと感じました。
普通の殺陣を見慣れた我々には、
あの独特の示現流の構えには、違和感がありますね。
示現流には弐の太刀がないので殺陣にはなりません。
敵を壱の太刀で叩き斬るのみです。

あの奇声を発して棒で何かを叩きまくってるような剣術(失礼)は、
チャンチャンバラバラの演舞のような殺陣はできません。
とにかく先に敵を斬る。
これだけの剣術ですので、はっきり言ってカッコ悪い。
けれど、実はこれが一番恐ろしいんじゃないかと思います。

■関連記事■
RYOMA~空白の三か月~
 坂本龍馬の空白の3ヶ月に焦点を当てたタイムスリップ物の映画。
合葬
 上野戦争を描いた漫画原作の映画。
憑神
 疫病神達に憑かれた男を描いた映画。
武士の家計簿
 加賀藩のそろばん武士を描いた映画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。