武士の家計簿

インターネットと電話とケーブルテレビを一緒に登録してるため、
ウチはケーブルテレビが見れるのですが、まあほぼ見ていません。

とはいえ昨日、何の気なしにケーブルテレビをつけてみると、
武士の家計簿」をやっていましたので、見てみました。
そういえば幕末の話でしたね。

加賀藩の下級藩士で御算用者で、
そろばん以外に取り柄のない「そろばん侍」の猪山直之堺雅人 が演じています。

膨大に膨れ上がった猪山家の借金返済のため、家計簿(入払帳)をつけて、
家財を売ったり、倹約したり・・。
そんな健気な江戸時代の中流武士家にも、幕末の動乱が訪れます。

幕末は、志士達ばかりでなくこういう一般の日常を送った武士たちがほとんどでしょうね。
幕末といえば、京都、江戸、長州、薩摩、土佐などで、尊皇だ佐幕だ天誅だとか、
日本人全体が言っていたわけではないのですね。
当たり前ですが・・。
きな臭いことばかりやっている有名どころではなく、
こういう名もない一般武士たちをクローズアップした面白い作品でしたね。

原作は「武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新」という本ですが、
今度読んでみようかな・・。

■関連記事■
RYOMA~空白の三か月~
 坂本龍馬の空白の3ヶ月に焦点を当てたタイムスリップ物の映画。
合葬
 上野戦争を描いた漫画原作の映画。
憑神
 疫病神達に憑かれた男を描いた映画。
半次郎
 榎木孝明主演・監督の桐野俊秋を描いた映画 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。