合葬

江戸風俗研究家で漫画家の杉浦日向子原作の映画「合葬」。
漫画をちょっと前に読んでいたので(記事はこちら)、
原作の内容は覚えていました。

見終わって感じたのは、親切ではないなと・・・。
花燃ゆ」で吉田稔麿を演じた瀬戸康史扮する吉森柾之助は、
義父の仇を無理やり討たされそうになり出奔するのですが、
その過程の説明がイマイチで、
饅頭をいやらしく食べる義母と義祖母の様子で、
遠回しに説明していましたが、
原作を読んでない人にはわかり辛いなと感じました。
柾之助自体は、物事に流されるような性格で、
うやむやに彰義隊に入隊するのですが、
そんなに違和感なく演じている様子。

問題は柳楽優弥演じる秋津極
原作ではクールなイメージでしたが、
映画ではなんとも無骨な雰囲気
クールなイメージであるが為に、
その生き様がストイックに感じられましたが、
映画ではその他大勢の幕臣と変わらない血気に逸る青年でした。
柳楽優弥はけして悪い俳優ではないのですが、
ちょっと濃すぎですね。
もっと醤油顔の俳優さんの方が良かったかな?

抽象的な描写を多用していて、
なんだか重要な部分を入れ忘れている感がいなめない。
冒頭の「何かが腐っている」とか、花魁のイザコザとか、
湯呑の中で戦う剣士とか、それ必要?と首を傾げました。
また、そこを変えたらダメってとこを変えてしまってるので、
趣旨が違ってしまっている。

原作では福原悌二郎は一貫して彰義隊には否定的で、
最後に彰義隊を訪ねた時が、官軍の総攻撃の日だったために、
逃げ遅れてしまいます。
映画でも逃げ遅れたのは一緒なのですが、
何故か覚悟を決めて戦う決意をしてしまう。
極と柾之助を死なせないというのが理由らしいのですが、
なんともクサい友情演出・・・。
結局、原作同様死んじゃうのですが、
これでは意味が違ってしまいます。

原作の最期に「長崎より」という話が付けられていましたが、
読者は後に起こる悲劇をすでに知っているわけで、
あえて最後に平和な・・戦争とは関わりない日常を描くことにより、
悲しみをもう一度掘り起こす効果がありました。

悌二郎が映画で戦う決心をしてしまっては、
その死が自業自得となり、その死が不条理でなくなってしまう。
悌二郎の死は、物語において最重要な部分なだけに、
その意味を変更してしまったことは何とも残念です。
(原作でもあっけなく死にますが、そのあっけなさが悲しみを誘う)

また原作は青春の1ページのような青年達の悩みや戸惑いを、
総攻撃がすべてを飲み込んでしまう不条理さを表現していました。
しかし映画では総攻撃の描写は端折られて、
すぐに逃げるシーンにいっちゃいました。
これではメリハリがなくなってしまいます。
※戦闘シーンはお金掛かるのでしょうが・・

ラストも柾之助の行き倒れシーンではなく、
極が砂世に会いに行っていたという話。
砂世の懺悔が語られるのですが、
悌二郎が戦う決意をしてしまったことにより、
その懺悔は悲しみを誘えませんでした。

どうも原作者と映画監督の訴えたい事に相違があるような・・。
そんな感覚が感じられました。

■関連記事■
「合葬」杉浦日向子
 映画の原作。
「彰義隊」吉村昭
 上野戦争、そして戊辰戦争に翻弄された寛永寺の山主の話。
東京都台東区 上野恩賜公園
 上野戦争の舞台。西郷隆盛の銅像もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。