「彰義隊」吉村昭

久々に小説を読もうと図書館に行きました。
何の予備知識も無しに「彰義隊」というタイトルで決定。
彰義隊についてはまだまだ知らない事が多いので、
入門編として小説から入ろうという思惑です。

吉村昭という作家の作品は初めてですが、
大沢たかお主演映画「桜田門外ノ変」の原作者ですので、
ちょっと期待して読み始めました。

・・・・が、読んでみてびっくり!!
彰義隊の小説ではなかった・・・・。


彰義隊」吉村昭

いえ、彰義隊の事は書かれているのですが、
彰義隊メインの作品ではありません。
上野戦争の舞台寛永寺の山主輪王寺宮能久親王の話で、
彰義隊壊滅後の宮の逃亡生活を描いた小説でした。

渋沢成一郎天野八郎の名前がちょこっと出て来るものの、
説明程度にさらっと登場するだけ。
この小説のタイトルに「彰義隊」と付けて良いのか疑問。
そういえば「桜田門外ノ変」も最初に桜田門外の変が起こり、
あとは関鉄之介の逃亡を描いていましたが、それと似ています。

最終的に宮が乙未戦争で死去するところまで描かれるのですが、
「桜田・・」の関の場合、その事件で逃亡しているのに比べ、
宮の場合は確かに逃亡の発端は上野戦争でしたが、
賊将となった理由は奥羽越列藩同盟の盟主になったことですので、
「彰義隊」のタイトルは「桜田・・」と比べて遠い気がします。

しかしながら、はじめから輪王寺宮の小説と割り切れば、
焦点の当たらない宮家僧侶達を描いた数少ない作品ですし、
東征大総督有栖川宮熾仁親王との確執なども、
あまり知られていない面白い視点で書かれています。

輪王寺宮や宮の家臣ら、逃亡に手を貸した僧侶らなど、
この小説を読んで調べてみたいなと思える人物が沢山増えました。
吉村昭という作家は、徹底した史実調査を行い、
フィクションを書くことを極力避ける作風ということらしいで、
今後の調べていくのが楽しみではあります。

その意味では、予想外に読んでよかったと思える作品です。

■関連記事■
東京都台東区 上野恩賜公園
 上野戦争の舞台。彰義隊の墓もあります。
東京都千代田区 江戸城 御三卿屋敷跡
  東京国立近代美術館工芸館敷地内に、能久親王の銅像があります。
「合葬」杉浦日向子
  彰義隊を描いた杉浦日向子の漫画。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。