東京都台東区 上野恩賜公園

出帳先に宇部北九州の空港から直行便がない場合、
羽田を経由して新幹線などで現地へ行く場合が多い。
そんなわけで用がなくても東京に行く機会は多く、
今年に入ってだけでもすでに3回も来ています。

東京というのは今も昔も大都会なわけで、
何度来てもその巨大さに恐縮してしまいますし、
我が地元との差を無意識にも感じてしまうもの。

江戸時代より世界一の人口を誇っており、
※諸説あります。
他の地域が東京に勝とうなんて不可能です。

しかしながら、この東京が巨大であればあるほど、
郷土への愛が深まっていくように感じます。
上手く言えませんが、超高層ビルや最新設備を見る度に、
我が地元が愛らしく思えて来る。
それは僻みとか、競争心とかそういうものではなく、
やっぱり生まれた地元が好きだという気持ち。

江戸時代にも参勤交代遊学で多くの諸藩の藩士達が、
この東京(江戸)に来ていたと思いますが、
彼らも同じように感じていたのではないかと思います。

さて、例の如く出張からの帰り、
少しフライトまでの時間の余裕があり、
じゃあ上野西郷像を見に行こうと、
上野恩賜公園に行ってきました。
訪問時は3月25日。
JR上野駅で降りるとなんだか凄い人、人、人。
こんなに上野って人が多いのか?と思ったら、
そうか!花見の季節だ!


上野恩賜公園は、全国的にも有名な「桜の名所」。
花見は春の訪れを寿ぐ日本古来の風習で、
奈良時代より貴族や武士階級の間で行われ、
それが庶民に普及したのは江戸時代からだという。
でも、当時の上野は格式の高い寛永寺があったので、
庶民が上野で花見をするようになったのは明治以降。
当時は浅草飛鳥山などで花見を楽しんだようです。

人ごみ多くて最悪だなぁと思いつつ、
江戸の花見の様子を感じるのもまた一興。
花見客でごった返す上野恩賜公園へ。


壁泉」。
上野恩賜公園のほぼ全域が寛永寺の寺領でしたが、
その寛永寺の総門(通称黒門)があった場所です。
この「壁泉」がある場所に「黒門」が建っていたようで、
黒門をイメージしたデザインになっているとのこと。
上野戦争において黒門口の戦いが最大の激戦地で、
彰義隊は高低差を利用して砲撃や銃撃を行い、
新政府軍に大きな損害を与えました。

実際の黒門は荒川区の円通寺に移築されています。

「壁泉」の右側石段を登り、お目当ての西郷像へ向かう。

西郷隆盛銅像」。
上野の西郷さん」として親しまれる有名な銅像。
明治22年に大日本帝国憲法が発布され、
その大赦によって西郷の「逆徒」の汚名が解かれ、
薩摩藩出身者が中心となって建設が計画され、
宮内省の下賜と全国有志の寄付で、
明治31年に除幕されたもの。

西郷の妻糸子が、
こげんな人じゃなか」と言ったとされますが、
この話はどこから出てきた話なんでしょ?
本人に似てないだの色々云われていますが、
実際はそっくりな銅像の方がだと思います。

ここは山王台と呼ばれる場所で、
上野戦争時には砲台が築かれていました。
これが新政府軍を散々に苦しめましたが、
結局は、アームストロング砲や、
壁をよじ登った決死隊の活躍により、山王台は陥落。
黒門口突破の糸口となってしまいます。

西郷像の北側に彰義隊戦死者の慰霊碑があります。

戦死之墓(彰義隊の墓)」。
上野戦争で戦死した彰義隊士の遺体は、
新政府軍をはばかって放置されたままでしたが、
円通寺の和尚と寛永寺御用商人三河屋幸三郎が、
戦死者供養の官許を受けて上野山で荼毘に付し、
一部を円通寺に埋葬したとされています。
この慰霊碑は元彰義隊士らによって建立されたもの。


公園内は各所で宴会が繰り広げられていましたが、
王仁博士の碑」に座ったりしている人たちも。
まあ僕的には幕末に関係ない碑なので、
非常識な人もいるんだね程度の感想ですが、
幕末関係の顕彰碑にそういうことしてたら、
注意してたと思います。


清水観音堂」。
清水観音堂は京都の清水寺を見立てたお堂。
本尊の千手観世音菩薩秘仏で、
ご開帳は年に1回の2月の「初午法楽」の日。
上野戦争により寛永寺の殆どの伽羅が焼失しましたが、
この清水観音堂は奇跡的に難を逃れて現在に至ります。


天海僧正毛髪塔」。
寛永寺は徳川家康の側近の南光坊天海が創建した寺。
彼は幕府創設や江戸都市計画にも関わった人物で、
色々と謎の多い人物です。
徳川家康の死後、神号を決めるにあたって、
豊臣秀吉のように明神とすることに反対し、
権現」として祀ることを主張。
「明神」を選んだ豊臣家が滅んだことを不吉として、
家康の神号は「東照大権現」と決定され、
家康は日光で権現様として祀られました。
天海の遺骸は遺言によって日光に葬られ、
ここには毛髪を納めた供養塔が建てられています。

・・・てか、坊さんなのに毛髪あったの??


小松宮彰仁親王像」。
幕末・明治期の皇族小松宮彰仁親王の銅像。
戊辰以降、皇族征討総督に任命されていますが、
殆どがお飾りで、実際は参謀が指揮を取っていました。
ところが彰仁親王(当時は仁和寺宮嘉彰新王)は、
率先して軍務に就いたようで、
後に、近衛師団長参謀総長などを歴任しています。


上野東照宮」。
寛永寺境内には、多くの伽羅や子院が建立されますが、
そのひとつとして家康を祀る「東照社」が建立。
ここも清水観音堂と同じく焼失を免れています。
人が多すぎるので、中まで入るのは断念。


上野動物園」。
上野動物園といえばパンダですね。
赤ちゃんパンダが公開されているようですが、
訪問時はすでに閉園してました。
※開園してても行かないでしょうけど・・


野口英世像」。
黄熱病梅毒等の伝染病研究で知られる医学博士。
子供の頃、伝記を読んだことがあります。


旧因州池田屋敷表門 黒門」。
丸の内大名小路にあった鳥取藩上屋敷の正門。
門の左右に向唐破風造の番所を設けた長屋門で、
芝高輪台町の常宮御殿の表門として移建され、
次に東宮御所の正門として使用され、
さらに高松宮家の正門となり、
昭和29年に、現在の場所に移築されました。
すごい経歴の門ですね。


寛永寺」。
かつて広大な境内に持っていた寛永寺ですが、
現在の境内は約3万坪とのこと。
それでも十分広いですね。
将軍家の霊廟葵の間などが残されているようですが、
特別参拝」を申し込まないと観れないようです。

とにかく人だらけ・・。
いつもとは違う上野恩賜公園だったんでしょうから、
またいつか再訪したいと思います。

■関連記事■
東京都世田谷区 世田谷松陰神社(・・え?祭り?)
 この時も大変でしたね。
鹿児島県鹿児島市 鶴丸城跡(再訪)
 鹿児島の西郷像。こちらは正装です。
「彰義隊」吉村昭
  彰義隊壊滅後の宮の逃亡生活を描いた小説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。