[山口県(下関市除く)]」カテゴリーアーカイブ

山口県山口市 俊龍寺/柳澤家墓所

俊龍寺の本堂裏にある柳澤家歴代墓所

長州藩寄組柳澤家の初代当主柳沢元政は、
12代将軍足利義晴、13代足利義輝
15代足利義昭に仕えた足利幕府の幕臣で、
義昭が織田信長に追放されると、
これに追従して… 続きを読む

山口県山口市 俊龍寺/足利将軍供養塔他

俊龍寺大内家家臣弘中氏の菩提寺で、
献珠院延楽寺と呼ばれたようですが、
大内氏滅亡後に荒廃していたという。
その後に毛利家家臣柳澤元政が再興し、
毛利輝元の命で足利将軍らや、… 続きを読む

山口県山口市 高杉小忠太邸跡他

高杉晋作はその死の直前に、
両親の為に山口に屋敷を建てたとされ、
高杉小忠太ら両親や兄弟、
妻のや長男高杉東一が越して来て、
明治10年まで住んでいたという。


高杉小忠太邸跡」。
山口市白石一丁目にある高杉邸跡。
現在は取り壊されて別の住宅が建っており、
道筋以外に面影はありません。… 続きを読む

山口県山口市 問田益田家墓所

問田益田家は永代家老須佐益田家の分家で、
宗家20代益田元祥の次男益田景祥を祖とし、
周防国吉敷郡問田を本拠としました。
藩内では寄組に属していましたが、
4000石を越える所領を持つ家は、
問田益田家を含め5家のみとのこと。
※他は堅田家続きを読む

山口県山口市 周布政之助墓所

第一次長州征伐長州藩は窮地となり、
これによって俗論党政権が誕生すると、
周布政之助は罷免されてしまいます。
その頃周布は吉富家に滞在していましたが、
その意気消沈ぶりはすさまじく、
何度も自裁を口にしていたという。
吉富家の主人吉富藤兵衛(簡一)は、
周布が早まらないように注意し、
刃物を隠したり監視したりしていましたが、
周布は隠し持った短刀で自刃。… 続きを読む