東京都世田谷区 世田谷松陰神社(・・え?祭り?)

東京に行きました。
といっても出張で福島県郡山市に行く途中に・・。
北九州から飛行機で羽田まで行って、
東京駅東北新幹線に乗り換えます。
せっかく東京に寄ったんだから、
どこか幕末史跡に行かねばならぬ!
やはり松陰神社ではなかろうかと経路を調べると、
羽田から世田谷区は東京駅とは反対の方向なんですね。
ここは手堅く上野へでもいくべきが・・。
いや!やはり松陰神社しかない!
ということで、京急空港線で品川、そこからJRで渋谷
そして東急田園都市線で三軒茶屋
ちょいと歩いて東急世田谷線で松陰神社前へ。

羽田には15:30に到着して、16:30位に到着。
あれ??なんだろ?騒がしいなぁ。え・・?祭り?

なんと!「萩・世田谷幕末維新祭り」の日だった。
人生初の世田谷松陰神社参拝が祭りの日とは・・・。


おごそかに参拝して帰ろうと思ってたんですが・・。
まあ、ある意味ラッキーなのかな?
官軍、新撰組、長州藩兵、
会津藩兵のコスプレした人とかもいました。


松陰神社御社殿」。
立派ですね。萩の松陰神社より大きいようです。


松下村塾」。
萩の松下村塾を模したものが社殿の横に建てられています。
本物を見飽きてるので、綺麗な松下村塾は新鮮ですね。


で、やはりお目当ては墓所。
実際に松陰が眠っているのはこちらですから!

社殿の左手に松陰や他の烈士のの墓所があります。
祭りのライトに照らされてなんだか幻想的。


子爵野村靖墓」(左)「野村靖夫人野村花子墓」(右)。
松門四天王入江九一の実弟。
第二次伊藤内閣の内務大臣や、
第二次松方内閣の逓信大臣を歴任。
松陰が入った獄の牢名主沼崎吉五郎から、
留魂録」を渡された事でも知られます。
遺言によりここに埋葬されました。


来原良蔵妻和田春子墓碑」。
来原良蔵は後で説明しますが、松陰の墓の横に眠っています。
その来原の妻春子の墓ということですが、
じつはこの春子という女性は、桂小五郎の実妹。
それゆえここに埋葬されることが許されたのでしょう。


中谷正亮源實之墓碑」。
松下村塾最年長の塾生で、優秀な人材を村塾に招いた人物。
なによりとの結婚を躊躇する久坂玄瑞を諌めて、
縁談を成功させたという功績(?)もあります。
松陰の死後は、塾生の兄貴分として尊攘運動に邁進しますが、
万延2年8月8日に病死してしまいます。


長藩第四大隊戦死者招魂碑」。
明治37年桂太郎によって建立。
桂は戊辰戦争で第四大隊二番隊司令として戦いましたが、
二番隊は相当な死傷者を出しています。


松陰先生他烈士墓所」。
そして吉田松陰の墓所(真ん中が松陰の墓)。
綺麗なお花が供えられていますが、お祭りだからでしょう。
高杉晋作伊藤博文山尾庸三白井小助赤根武人らは、
松陰の亡骸を小塚原回向院からここに改葬し、
同時に頼三樹三郎小林民部も同じく改葬。
その数日後に、来原良蔵の墓を青松寺から改葬。
同年11月、福原乙之進を埋葬。 
長州征伐の際に一度墓は破壊されましたが、
木戸孝允らにより明治元年に修復され、
更に綿貫治良助を埋葬。中谷正亮も清岸院より改葬しました。
また、長州藩邸没収事件関係者の慰霊碑を建立しています。


綿貫治良助墓」(左)「福原乙之進大江信冬墓」(右)。
綿貫は長州藩邸没収の際、幕吏と争って自刃した足軽。
福原は一橋家臣脇坂又三郎と談話中に古河藩兵に包囲され自刃。
鞍馬天狗のモデルとしても知られ、
墓は美祢にもあります(記事はこちら)。


来原良蔵多々良盛功墓」(中央)。
先ほどの和田春子の夫。
松陰の友人で伊藤博文の師としても知られる。
長州藩の軍制改革にも尽力するが、
横浜英国領事館襲撃を計画して、
世子毛利定広に戒められたことを苦に自刃。


小林民部少輔墓」(左)「頼三樹三郎某姓醇墓」(右)。
小林民部は鷹司家家士。安政の大獄にて捕らえられ獄死。
晋作らの手によって松陰と共に小塚原回向院より改葬。
頼三樹三郎頼山陽の三男。
安政の大獄にて捕らえられ斬首。

他に「長州藩邸没収事件関係者慰霊碑」があったのですが、
写真を撮るの忘れてました。

さて、始めて行った世田谷の松陰神社。
萩の松陰神社より境内が狭いのは、
東京の土地事情から仕方のないのかな?

始めての世田谷松陰神社。
まさかの祭りに遭遇し、記憶に残る参拝になりました。
また次回、今度は昼間におごそかにお参りしたいです。

■関連記事■
東京都世田谷区 世田谷松陰神社(再訪)
 後に再訪問致しました。
東京都荒川区 南千住小塚原回向院
 こちらにも松陰の墓碑があります。
萩市 吉田松陰墓所
 萩の吉田松陰墓所。久坂、高杉の墓碑もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。