東京都千代田区 江戸城 御三卿屋敷跡

//③

皇居の裏門である乾門から、
首都高代官町料金所前の横断歩道を渡り、
東京国立近代美術館工芸館へ。
その敷地内に北白川宮能久親王の銅像があります。

北白川宮能久親王銅像」。
下関条約で日本のものとなった台湾に、
征討近衛師団長として出征しますが、
現地でマラリヤ感染して戦病死してしまい、
皇族初の外地殉職者となった人物ですが、
彼はかつて輪王寺宮公現入道親王と称し、
上野の寛永寺の貫主でした。

徳川慶喜の依頼を受け、慶喜の助命と東征中止を、
東征大総督有栖川宮熾仁親王に嘆願しますが一蹴され、
寛永寺に戻って上野戦争に巻き込まれます。

戦場を脱出して榎本艦隊長鯨丸で平潟に上陸し、
会津米沢を経て仙台藩に保護され、
奥羽越列藩同盟盟主に擁立されました。
その後、仙台藩の降伏を受けて、
降伏文を奥羽追討平潟口総督四条隆謌へ提出。
京都に護送さてて蟄居処分となります。

明治2年に許されて伏見宮に復帰。
プロセインに留学して軍事を学び、
早世した弟の北白川宮家を相続します。
留学中、プロセイン貴族の未亡人と婚約しますが、
政府の反対により断念。
帰国後は陸軍に入り中将まで昇進して、
上記の台湾派遣に至りました。

北白川宮能久親王銅像を拝見した後、
来た道を戻って東へ進み、
御三卿のひとつ一橋家の屋敷跡へ向かいます。
毎日新聞本社ビルの前を通って濠沿いを進み、
皇居東御苑平川門を過ぎた平川門交差点の北西側。
ここに一橋徳川家の屋敷がありましたが・・・・。

一橋徳川屋敷跡」。
石碑があったようなんですが見当たらない。
ビルが建設中でどこかに撤去されてるようです。
ここから気象庁本庁あたりまでが一橋家の屋敷でした。


一ツ橋」。
一橋徳川家の名の由来である橋で、
もちろん当時のものではありません。
徳川家康が関東に転封して江戸城に入城した頃は、
ここに大きな丸木が1本架けられていたとされ、
その名前が付いたようです。

一橋徳川家は、8代将軍徳川吉宗の四男宗尹を家祖とし、
御三卿のひとつとして、将軍家に後嗣がいないときは、
他の2家とともに後嗣を出す資格を有していました。
この一橋家は御三卿の中で唯一将軍を出しています。
※11代徳川家斉と15代徳川慶喜が一橋家の出身。

また、同じ御三卿の田安徳川家は血を残す事が出来ず、
一橋家よりの養子を貰う事になった他、
尾張藩福井藩高須藩等の親藩や、
福岡藩黒田家に養子を出しています。
しかし、当の一橋家の当主は4代以降実子が無く、
他の徳川家から養子を貰い続けるという、
不思議な家系となりました。

幕末の当主慶喜もしかりで、水戸徳川家の養子。
彼は子を多くのこしていますが、後に将軍となった為に、
次代で最後の当主は元尾張藩主の徳川茂徳です。

行ってはみたものの何も無かった一橋邸跡より、
来た道を戻って北の丸公園に向かいます。

平川橋平川門」。
一橋邸の堀向かいにある門で、
皇居東御苑への入口のひとつ。
三ノ丸の正門であり、御三卿の登城口でもあります。
田安家、清水家からは、北桔橋門の方が近いのですが、
そこは大奥へ続く門ですので、
わざわざこちらに回って来てたのでしょう。
平川橋は、和田倉橋と共に現在残っている数少ない木橋

毎日新聞本社ビル前にある竹橋の交差点より北へ進み、
清水濠の外側に沿って清水門へ進みます。

清水門」。
御三卿のひとつ清水徳川家の名の由来になった門。
北ノ丸内の屋敷がこの清水門に近かったので、
清水徳川家と呼ばれました。
徳川家康が江戸に転封となった当時、
この門のあったあたりに清水寺という寺があったらしく、
そこから清水門と呼ばれるようになったとか。

清水徳川家は、9代将軍徳川家重の次男重好を家祖とし、
御三卿のひとつとして、将軍家に後嗣がいないときは、
他の2家とともに後嗣を出す資格を有しましたが、
清水家の出身で将軍家を継いだ人物はいません。

清水家は、成立から維新を迎えるまで、
当主の実子が相続することはなく、
全ての当主が養子であったようです。
初代の重好に継嗣が無く、当主不在が続いた後、
将軍家よりの養子徳川敦之助を3歳で貰いますが、
翌年に病死してしまいます。そのまま当主空席が続き、
再び将軍家より徳川斉順が迎えられ、
3代当主となりますが、紀州藩世子に空席ができたために、
斉順は紀州藩の世子となり、斉順の異母弟徳川斉明が継ぐ。
しかし4代斉明もわずか19歳で病死したため、
またもや異母弟の徳川斉彊が5代当主となりますが、
紀州藩主となっていた斉順が病死したために、
急遽紀州徳川家の家督を継ぐこととなり、
三度当主不在となりました。

その後、20年の当主不在を経て、
水戸藩より徳川昭武が迎えられるのですが、
結局、昭武も水戸徳川家を継ぐことになってしまいます。

門をくぐって北ノ丸へ。
現在は北の丸公園として整備されています。

吉田茂像」。
石段を登った先にあったのは、
戦後の混乱期の総理大臣吉田茂の銅像。
サンフランシスコ平和条約や、
バカヤロー解散で知られていますね。
戦後、総理大臣を退任して、もう一度就任したのは、
この吉田茂と今の安倍晋三だけらしいです。


日本武道館」。
北の丸公園の北側は、日本武道館か建っています。
東京オリンピックの柔道競技会場として建設されたもので、
現在も武道競技大会の会場として利用されてる他、
ビートルズの来日コンサート以降、
コンサート会場としても使用されています。
僕は「ライブハウス武道館へようこそ!」世代ですので、
少々感ずるものがありますね。
訪問時は「けやき坂46」のイベントらしきものをやってました。


田安門」。
たぶん一般の東京都民には、
一番馴染みのある門なのではないでしょうか?
武道館のコンサートへ行くには、
九段下駅からこの田安門を通るからです。
名の由来は、周辺の地名田安郷に因む。

田安徳川家は、8代将軍吉宗の次男宗武を家祖とし、
御三卿のひとつとして、将軍家に後嗣がいないときは、
他の2家とともに後嗣を出す資格を有しましたが、
田安家の出身にも将軍家を継いだ人物はいませんが、
維新後の徳川家当主は、7代当主亀之助(家達)です。

田安家初代の子で白河藩主となった松平定信は、
老中として寛政の改革を行った人物。
彼の系譜は、桑名松平家松代真田家に続きますが、
田安家当主の血統は2代で途絶え、
一橋家から養子を貰っています。

北ノ丸は、明治期には近衛師団の兵営地となっていたため、
田安、清水両家屋敷の遺構は、ほとんどありません。
跡地の石碑くらいあってもよさそうなんですけどね。


古地図で見る田安、清水両家の屋敷。
現在の武道館をぶった切るように大通りが伸びており、
その両側に双方の屋敷が建てられていたようです。

//③

■関連記事■
京都府京都市 二条城
 京都での幕府の拠点。世界遺産。
大阪市中央区 大坂城跡
 大坂での幕府の拠点。徳川慶喜が敵前逃亡しています。
東京都千代田区 北町奉行所跡
 江戸に2ヶ所あった町奉行所のひとつ。
東京都千代田区 南町奉行所跡
 江戸に2ヶ所あった町奉行所のひとつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。