東京都千代田区 江戸城西ノ丸下(皇居外苑)

①//

東京へ出張。
北九州空港より始発の飛行機に乗ります。

夜も明けやらぬうちから出発し、
夜明けは飛行機の中で迎えました。
フライトは1時間ちょっと。便利なものですね。

この日の前週、東京は4年ぶりの大雪で、
まだ雪が残っていましたが、天気は悪くない。
何度も東京駅には来た事はあるのですが、
乗り換えするだけで、外に出たことがなく、
今回初めて外から東京駅を眺める事ができました。


2012年に復原工事が完成した駅舎
TVでは何度も観ておりますが、
おのぼりさんの僕は肉眼で見るのは初です。
近代的な高層駅舎化せずに、
保全というかたちを取ったのは素晴らしい。


正二位勲一等子爵井上勝君像」。
丸の内駅前広場にある「鉄道の父井上勝の銅像。
長州ファイブの一人で、他の3人が途中帰国する中、
山尾庸三と共に明治元年まで修学を果たしました。
帰国後は日本の鉄道事業の推進に貢献し、
鉱山頭鉄道頭鉄道庁長官を歴任。
また、岩手県の小岩井農場の共同創始者でもあります。
明治43年、鉄道院顧問としてロンドンを訪問しますが、
持病の腎臓病が悪化してしまい客死しました。


和田倉橋和田倉門」。
和田とはの古語で、和田倉は「海の蔵(倉)」という意味。
慶長年間に和田倉と呼ばれる蔵が建てられていたことから、
この名称で呼ばれたとのこと。
現在は木造の橋が復元されていますが、
旧江戸城内で木造の橋は、この和田倉橋と平川橋だけ。

和田倉門の先にある和田倉噴水公園の敷地は、
会津松平家上屋敷があった場所で、
会津藩主松平容保が、京都守護職の就任を要請された際も、
この上屋敷に滞在していました。
維新後、新政府はこの会津藩上屋敷に兵部省を置きましたが、
明治5年に失火で焼失。その火は西北の風に煽られて、
周辺の大名屋敷に飛び火して周辺を焼き尽くしました。
これを会津の怨念だと噂する者もいたようです。

和田倉噴水公園より内堀通りを渡ります。

桜田巽櫓」。
桔梗堀のむこうに見える二重櫓。江戸城現存櫓のひとつです。
関東大震災によって損壊しましたが、解体して復元されたもの。


皇居前広場」。
広大な広場で、砂利が敷き詰められた場所と、
芝生にクロマツが植えられた場所があります。
江戸時代には大名屋敷が立ち並んでいた場所でしたが、
維新後に全て撤去されました。


坂下門」。
現在は宮内庁職員の通用門となっていますが、
ここは老中安藤信正水戸浪士らが襲い、
負傷させた「坂下門外の変」の現場。
桜田門外の変後に幕政を主導した老中久世広周と安藤信正は、
井伊の開国路線を継承して公武合体を推進します。
これに水戸や長州の尊攘志士らが憤慨して、安藤の暗殺を計画。
しかし、藩の方針変更によって長州側の参加が困難となり、
水戸浪士のみで決行しますが、
安藤を負傷はさせたものの暗殺は失敗しました。
襲撃した水戸浪士6人は全員闘死しています。

暗殺には失敗しましたが、安藤は老中を罷免され、
隠居・蟄居となり、2万石を減封されました。

坂下門より南へ歩きます。

皇居正門」。
江戸城時代、西ノ丸大手門だった門は、
皇居正門となっています。


皇居正門石橋」。
江戸城時代は土橋であったようで、
石橋になったのは明治20年の事。
遠くに観える櫓が伏見櫓で、
皇居のシンボル的建物となっています。
石橋の向こうに正門鉄橋という鉄製の橋があるのですが、
石橋に重なって見えませんね。
この奥に天皇陛下がおわす皇居があるわけです。

さらに南へ進み桜田門へ。

桜田門渡櫓」。
桜田門は、内桜田門外桜田門の2つあって、
一般にはこの外桜田門の方が「桜田門」と呼ばれました。
内桜田門は「桔梗門」とも呼ばれ、
桜田巽櫓の西側にあります。


桜田門高麗門」。
外桜田門も、渡櫓門とこの高麗門からなっています。
この門の手前で「桜田門外の変」が発生。
教科書にも載っている超有名なこの事件ですが、
それを示す石碑などはありません。
何故???


警視庁」。
桜田門の正面は、警視庁の本部です。
政権を揺るがす一大テロ事件のあった現場が、
現在の警視庁の本部なわけです。
テロ事件といえば「桜田門外の変」以外にも、
桜田門でテロがありました。
それが「桜田門事件」という昭和天皇の暗殺未遂事件。
これも碑があってもおかしくないほどの事件ですが、
やっぱり警視庁も威信があるだろうから、
テロにまつわる碑なんて建てられないのかな?

桜田門より南東へ進み、内堀通りより再び外苑へ。

楠木正成騎馬像」。
楠木正成は南北朝時代の人物ですが、
建武中興の忠臣として尊攘運動の精神的支柱でした。
住友家別子銅山の開坑200年記念事業として、
東京美術学校に製作を依頼して宮内庁に献納されもの。

さて、これより北へ進んで、
旧江戸城の本丸二ノ丸であった皇居東御苑へ。
次回へ続きます。

①//

■関連記事■
京都府京都市 二条城
 京都での幕府の拠点。世界遺産。
大阪市中央区 大坂城跡
 大坂での幕府の拠点。徳川慶喜が敵前逃亡しています。
東京都千代田区 北町奉行所跡
 江戸に2ヶ所あった町奉行所のひとつ。
東京都千代田区 南町奉行所跡
 江戸に2ヶ所あった町奉行所のひとつ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。