東京都千代田区 南町奉行所跡

江戸の町の司法・行政を管轄していたのが町奉行で、
北町奉行南町奉行月番で、業務を行っていました。
つまり、庶民が何か訴え事を申告しようと思ったら、
その月の月番の奉行所に行かなければ、
訴訟を受理してもらえないということ。
今みたいに最寄の・・ってわけにはいかなかった様です。

もちろん月番でない月は遊んでるというわけではなく、
受理された訴訟の処理や刑事事件の捜査が行われており、
また北町奉行、南町奉行に割り当てられている商業案件は、
月番に関係なく常に行われていました。
※呉服・木綿・薬種問屋の案件は南町奉行所、
 書物・酒・廻船・材木問屋の案件は北町奉行所。

先日は、北町奉行所跡を訪問しましたが(記事はこちら)、
今回は南町奉行所を訪問してみようとJR有楽町駅を下車。
JR有楽町駅の中央口に南町奉行所の碑があるらしい。


JR有楽町駅(南町奉行所跡の場所)

南町奉行といえば、やはり大岡越前でしょう。
20年近く南町奉行に在職した名奉行として知られ、
大岡裁き」という言葉も生まれています。
彼は南町奉行を務めた後に寺社奉行に転任しますが、
後に加増されて大名となり、西大平藩を立藩しました。
また、わずかな期間ですが、
小栗忠順も南町奉行に就任しています。

中央口を出て有楽町マルイ前の地下街への入口裏に、
南町奉行所の跡碑石組みがあります・・・が・・。

なんだかイベントをやっていた様子。
既に終了していたようで、後片付けしていましたが、
イベントに参加していた移動販売車が止まっていて、
南町奉行所の石組みが見えない・・。


南町奉行所跡」碑。
石のような塗装がされていますが、
これ、放水ホース電気配線を収納する筐体じゃない?
なんというかとてもチープな感じが・・・
いや、東京ならではの合理主義といった方が良いかな?
石碑なんて何の役にも立たないし、
それがあった事を示すだけならこんなんで良いのかもね。
とはいえ、どうしてもハリボテ感は否めません。

しかも、前にゴミが置かれてしまっています。
草葉の陰で大岡越前も泣いてるかもしれません。
ここはもう一度来て、ちゃんとした写真取らなければ。

■関連記事■
東京都千代田区 北町奉行所跡
 南町奉行所と共に江戸町方を管轄した北町奉行所跡。
大阪市中央区 大坂西町奉行所跡
 東町奉行所と共に大坂町方を管轄した西町奉行所跡。
大阪市中央区 大坂東町奉行所跡
 西町奉行所と共に大坂町方を管轄した東町奉行所跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。