大阪市中央区 大坂西町奉行所跡

大坂町奉行所は月番制で2ヶ所設けられており、
東町」「西町」奉行所として機能していました。

江戸の町奉行所と大まかな内容は同じなのですが、
付けられた名称が江戸のように北側にあったから北町
南側にあったから南町という風ではなく、
始め西町奉行所は、東町奉行所の隣に建てられています。
2つ並んで西・東というわけですね。
(東町奉行所の記事はこちら

しかし享保9年に起こった「享保の大火」により、
東西2つの奉行所は焼失。
この教訓より奉行所を同じ場所に置かずに、
西町奉行所を離れた場所に移しました。


マイドームおおさか」。
西町奉行所跡地は現在、総合展示場となっています。


西町奉行所址」、
大坂城惣構 西町奉行所跡 史跡 大阪府庁跡(初代)」碑。
「マイドームおおさか」前の垣根にある碑群。
東西の町奉行所は維新後に廃止され、
西町奉行所の建物がそのまま大阪府庁となりました。
初代大阪府知事は公卿の醍醐忠順で、
二代目知事は土佐の後藤象二郎が就任しています。


大坂府立貿易館跡」碑、
大坂府立貿易専門学校発祥の地」碑。
明治7年に大阪府庁が江之子島へ移転した後、
跡地に「大阪博物場」が建てられ、
後に府立教育博物館と併合。
図書館、美術館、動物園、植物園、舞台、公園など、
何でもありの総合施設となった後、
大阪府立商品陳列所」となっています。
昭和に入って「大阪府立貿易館」と名称が変更し、
昭和61年に「マイドームおおさか」として、
総合展示場となりました。


大阪商工会議所」。
「マイドームおおさか」の隣は、大阪商工会議所


五代友厚君像」「土居通夫君像」「稲畑勝太郎君壽像」。
大阪商工会議所敷地内にある3人の会頭の銅像。

初代会頭五代友厚は朝ドラ「あさが来た」で、
知名度が上がっていますね。
7代会頭土居通夫は「剣豪商人」の異名があり、
宇和島藩出身の実業家で、
大坂で豪商の用心棒で雇われながら、
何故か金銭出納で能力を発揮して評判になった人物。
大阪に内国勧業博覧会を誘致した功績があります。
10代会頭稲畑勝太郎は、京都の菓子職人の息子ながら、
小学生の時に明治天皇の前で日本外史の一節を誦読し、
褒美としてコンパスを贈られたという逸話があり、
パリに留学して染色技術を学び、
日本の繊維業界に大きく貢献しています。
また、日本で初めてシネマトグラフを輸入し、
大阪で映画興行も行っています。

大坂の司法・行政を担っていた西町奉行所跡は、
一転して経済発展に貢献した場所となりました。
それは、幕末に志士や将兵として活躍しながら、
維新に実業家の道を歩んだ五代や土居などと、
なんだか少し似ていますね。

■関連記事■
大阪市中央区 大坂城跡
 大阪にある幕府の軍事拠点。
大阪市中央区 大坂東町奉行所跡
 西町奉行所と共に大坂の行政・司法を担当した奉行所。
奈良県奈良市 奈良奉行所跡
 奈良天領の支配及び大寺院の監視を行った奉行所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。