奈良県奈良市 奈良奉行所跡

奈良奉行所は幕府直轄地奈良の支配及び、
奈良の大寺院の監視を行った奉行所で、
奈良奉行が支配し、門前町と周辺の8村、
寺領の治安維持を担当しました。
他の遠国奉行と共に老中支配でしたが、
京都所司代の指揮下に入り、
春日大社の警衛も任務としています。


奈良女子大学(奈良奉行所跡)」。
奈良奉行所跡は現在、
国立大学奈良女子大学」の敷地。
奈良女子大学の前身は、
奈良女子高等師範学校」で、
東京女子高等師範学校」と共に、
戦前の女子教育の最高学府でした。

奈良奉行所は近隣の奉行所と比べ、
広大な敷地面積を持っており、
大坂町奉行所のほぼ3倍、
京都町奉行所の約1.6倍の広さがありました。
総面積8700坪の正方形に堀や土塁を巡らせ、
軍事的拠点の役割を担う事も想定したようです。

奈良奉行の名奉行として知られる川路聖謨は、
管区内の犯罪や賭博等の取締と再犯防止に尽力。
貧民救済のために基金を設立、地場産業の育成、
学問の普及、植林の振興など、
様々な改革を行って実績を上げます。
興福寺東大寺から佐保川の堤まで、
数千本のの木を植え、
現在の奈良公園の基礎も作ったとされ、
桜奉行とも呼ばれました。
任期を終えて江戸に戻る際、
大勢の住民に見送られたようで、
多くの人が餞別を持参しましたが、
これを受け取らずに、
熨斗のみを受け取って帰っていったようです。

その後、川路は大阪東町奉行勘定奉行
海岸防禦御用掛を歴任。
長崎プチャーチン艦隊の応接を担当して、
ロシアの要求を巧みにかわし、
下田でもロシアと交渉を行い、
日露和親条約の調印を行いました。

その後も幕政に尽くしていますが、
井伊直弼大老に就任すると、
将軍継嗣問題一橋慶喜を推していた川路は、
左遷され隠居謹慎処分となり、
桜田門外の変後に外国奉行として復帰しますが、
病気を理由に辞任。
幕府崩壊後、江戸城総攻撃の予定日に、
拳銃自決しています。

最後の奈良奉行は古俣伊勢守景徳
あまり資料の残っていない人物ですが、
桜田門外の変の際は評定所留役だったようで、
明治24年に刊行された「旧事諮問録」で、
桜田十七士吟味の様子を語っています。

新政府は大和鎮台を設置して奈良奉行所は廃止。
大和鎮撫総督府を経て奈良県へと移行しました。
※後に奈良府、奈良県、堺県、大阪府と変わり、
最終的に奈良県となっています。

■関連記事■
静岡県下田市 ペリーの上陸と日米下田条約
 川路は日露和親条約の調印を行っています 。
京都府京都市 京都所司代跡
 奈良奉行は京都所司代の指揮下。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。