静岡県下田市 ペリーの上陸と日米下田条約

①/////

嘉永6年、マシュー・C・ペリー率いる艦隊が浦賀に来航。
幕府側に開国を求めます。幕府は回答に1年の猶予を要求し、
ペリー艦隊は1年後にまた来ると告げて、日本を後にしました。

1年の猶予の約束でしたが、半年後にペリーは再び浦賀に来航。
約1ヶ月の協議の末、日米和親条約が結ばれ、
下田箱館が開港されます。
まずペリーは箱館に行き、松前藩家老松前勘解由と交渉しますが、
権限が無いと拒絶された為、下田に向かいました。
ここで日米和親条約の細則を定める下田条約が締結されます。

ちなみにですが、
泰平の眠りを覚ます上喜撰たつた四杯で夜も眠れず
の狂歌で想像すれば、江戸っ子達は恐れたりしていた様に思えますが、
実はそうでも無い。
外国には蒸気船という大きな船があることも、
意外と古くから知られていましたし、興味深々な人々は、
勝手に小舟で黒船に近づいていたようですね。

さて、下田といえばキンメダイ
僕の勤めている会社は、金目鯛漁に使用する装置も作っており、
その装置の納品に下田に行ってきました。

横浜で締結した日米和親条約は、細かい点が決められていなかったため、
下田で和親条約の細則が決められます。

ペリー艦隊上陸記念碑」。
ここはペリー艦隊の乗組員が始めて上陸した場所という。
ペリー自体がこの場所から上陸したのかはわかりませんが、
交渉が行われた了仙寺に海から行くにはこのあたりが最短距離ですので、
ペリーがここから上陸している可能性は高いでしょうね。
ペリーの胸像説明板がありました。


開国記念碑」。
「ペリー艦隊上陸記念碑」の近くの小高い山にある下田公園にあります。
文字通り開国100年を記念して建てられたもの。


記念碑には、ペリーとハリスのレリーフが設置されていました。
タウンゼント・ハリスは、初代駐日本アメリカ合衆国弁理公使


下岡蓮杖翁之碑」と「下岡蓮杖翁の像」。
下岡蓮杖は、上野彦馬鵜飼玉川と並ぶ日本最初期の写真家。
米国領事館の給仕役として、ハリスやヘンリー・ヒュースケンと知り合い、
写真術(といっても簡単な操作法とか)を身につける。
その後、横浜で写真家ジョン・ウィルソンに本格的な写真術を習い、
文久2年に横浜初(日本で2~3番目)の写真店を開業しました。


下田公園を出て「ペリーロード」へ。
先ほどの上陸地から了仙寺に向かう道で、平滑川をはさむ石畳の小道。
なまこ壁伊豆石造りの風情ある家並みが続いています。


長楽寺」。
ペリーロードから路地を入った所にあるお寺で、
日露和親条約の調印、批准書の交換が行なわれた場所。
下田ではロシアとの条約も結ばれていたのです。


ペリーロードの終点は「了仙寺」。この寺で下田条約が結ばれました。


了仙寺本堂」。
嘉永7年5月22日、日米下田条約(日米和親条約付則13ヶ条)が結ばれます。
また了仙寺では下田の町民たちを対象としたコンサートが、
アメリカ海軍の軍楽隊によって開かれました。
これが日本で最初の洋楽コンサートとなりました。
その他、陸戦隊の調練も行われています。


この了仙寺には、「了仙寺宝物館」と「黒船美術博物館」があり、
国内最大の黒船・開国のコレクションとされています。
残念ながら行った時は早朝で開いていませんでした。

下田は条約以降、米国人が自由に町を往来することができるようになります。
米国人が洗濯したり、餅つきをしたり、魚を地引網で獲ったりの風景が、
普通に観られたようです。
下田の船宿が黒船のせいで閑古鳥が鳴くようになった為、
米国人を船宿に引っ張り込んで、婦人達に弄ばせて、
身包み這いで放り出したという話もあるらしい。
民衆のパワーには、黒船もかなわないといったところでしょうか?

①/////

■関連記事■
ペリーに相撲を披露する
 ペリーは相撲をお気に召しませんでした。
クリスマスイブですが・・・
 ハリスは敬虔なプロテスタントでしたが・・ 。
神奈川県横浜市 諸外国の領事館跡
 横浜に諸外国の領事館が設置されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。