クリスマスイブですが・・・

この歳にもなりますと、
クリスマス子供にプレゼントをあげる日なだけ。
若い頃は、なんだかんだ色恋事もありましたが、
それは遠い昔の事です。

日本人お祭り騒ぎの大好きな民族でして、
でもでもなんだかオメデタイものには、
皆で騒いでしまおうという習性があります。
大半の日本人は救世主の誕生を祝うわけではない。
ただクリスマスだ~と浮かれているだけ。
さすがにキリストの降誕日とは知ってるでしょうが、
ハロウィンが何の日か知ってる人はどれくらいなんでしょ?
※ちなみにハロウィンはキリスト教のお祭りではありません。

でも、それが日本人なんだと思います。
広く浅~く神を敬うのが日本人。
私は無神論者と言われる方も多く見かけますが、
あなた達は無神論者ではありません。
無宗教なだけです。

真の無神論者は、倫理観・道徳観もないならず者
神社仏閣へ行っても手も合わせないし、
もちろん初詣も行きませんし、おみくじも引かない。
星占いも信じないし、夜のお墓も怖くない。
人が死んでも何とも思わず、
パワースポットに行っても何も感じない。
何かが後ろにいるような気もしたことないし、
バチも当たったことが無い。
エトセトラ、エトセトラ・・・・・。
上記全てが当てはまる人が無神論者です。
何か未知なるものを感じる事が出来る人は、
日本の(カミ)を感じる事が出来る人。
無神論者ではありません。

なので、クリスマスに日本人が大騒ぎする事は、
日本人らしいということなので、良しとしましょう。

さて、幕末とクリスマスを繋ぐ何かを探しましたが、
大してありませんでした(あたりまえが・・・)。

無理やりコジツケでいえば、
安政元年11月4日安政東海地震による津波で、
露艦ディアナ号が大破(のちに沈没)していますが、
この安政元年11月4日は、西暦1854年12月23日
クリスマスイブの1日前なんですね。
ディアナ号は、竜骨の一部がもぎとられてを失い、
船倉に穴が開いて海水が溢れ、食糧も軍用物資などもずぶぬれ。
毎分50cm浸水し、二十七人の露水兵は交代しながら、
昼夜通して、ポンプ、滑車、革桶で、浸水を汲み上げています。
全くクリスマスどころではありません。
津波がなければ、船中で救世主の誕生を祝っていた事でしょう。
あまり素敵な話でなくて申し訳ありません。

初代アメリカ総領事タウンゼント・ハリスは、
敬虔なプロテスタントで、
生涯独身・童貞を貫いたほどの信徒です。
彼にとってはクリスマスは最大の祝節なのですが、
その聖夜をずっと異国の地で迎えています。
1849年のクリスマスは北太平洋航海中で、
1850年のクリスマスはマニラで、
1851年のクリスマスはプロ・ペナンで、
1852年のクリスマスはシンガポールで、
1853年のクリスマスは香港で、
1854年のクリスマスはカルカッタで、
1855年のクリスマスはセイロンで、
1856年(安政3年)以降のクリスマスは日本で迎えます。

その後、1862年(文久2年)やっと帰国することができ、
故郷でのクリスマスを祝うことができました。

今日はクリスマスイブ。
なんだかオメデタイので騒ぎましょうか?
メリークリスマス!!

■関連記事■
静岡県下田市 ハリスの小路と松陰上陸の碑
 タウンゼント・ハリスが散歩したとされる小道。
神奈川県横浜市 諸外国の領事館跡
 諸外国の領事館でもクリスマスが祝われたのでしょうか?
静岡県下田市 玉泉寺(日本初の米国領事館)
 ハリスが駐在した寺。ディアナ号乗員の墓もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。