静岡県下田市 ハリスの小路と松陰上陸の碑

//③///

初代駐日米国弁理公使タウンゼント・ハリスが散歩した道として、
ハリスの小路」と名付けられた海沿いの小路があります。
日米通商条約締結交渉中に胃潰瘍をわずらい、望郷の思いにふけりながら歩いたという。


ハリスの小道」。
ハリスが歩いただけならあんまり興味持てないのですが、
この小路に松陰関係の碑があるらしいので歩いてみました。


素晴らしい眺めの海岸線。たしかに散歩には絶好の場所ですね。


石炭積出桟橋跡」。
明治時代の海軍の石炭積み出しの為の桟橋跡です。


対岸に見える山は「寝姿山」。
下田の中心付近にある山ですが、女性が仰向けで寝てる姿に見えるようです。
見えなくもないかな?


至誠通天」碑。
誠を尽くせば、願いは天に通じる」といった意味の吉田松陰の言葉が、
石碑として小道の途中に残されています。


さて、小路はずっと続きます。
途中、先の大戦の際に掘られた洞窟がたくさんありました。
本土決戦に備えた特攻機を隠す為のものだそうです。

・・・・
これよりDATAの無駄(?)なので、画像サイズを小さくます。

まだまだ道は続く・・・。
いつの間にか「ハリスの小路」が、「松陰・ハリスの小路」になっています。
石畳の道はここで終了。ここからは草の生えた土の道。
松陰が密航に失敗した後、上陸した場所を目指します。


まだまだまだ続きます。


おいおい!先が見えないぞ・・・。おかしいな・・道は合ってるハズ・・。


かなり歩いて土の道は終わり。次はコンクリートの道。


防波壁沿いを歩く。


角に到着。まだ100mあるの??


ハリスは絶対こんなとこまで歩かなかったはずだよ!

・・・で、車の通れる道沿いにありました。

吉田松陰上陸の碑」。
松陰らは、USSポーハータンからボートに乗せられてこの場所に降ろされます。
町から離れた場所に降ろしたのは、捕吏から逃げやすいようにという優しさから?
それともただ単純に船から近い陸地だったからでしょうか?
松陰らは道を歩いて、柿崎の名主増田平右衛門邸に自首しました。

目的地についたので、もと来た道を引き返します。
入口までたどり着いた時には足がパンパンになってました。

あとで調べてみると上地図の道だった事がわかりました。
車で行けるじゃん! ものすごく騙された感じです。

//③///

■関連記事■
ペリーに相撲を披露する
 ペリーは相撲をお気に召しませんでした。
クリスマスイブですが・・・
 ハリスは敬虔なプロテスタントでしたが・・ 。
神奈川県横浜市 諸外国の領事館跡
 横浜に諸外国の領事館が設置されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。