静岡県下田市 宝福寺(唐人お吉と龍馬飛翔)

///④//

下田一の人気芸者だったお吉は、
玉泉寺の米国総領事タウンセント・ハリスの身の回りの世話をする事になりました。
当時、ハリスは慣れない異国暮らしから体調を崩しており、
困った通訳のヘンリー・ヒュースケンは、下田の役人に看護婦の派遣を依頼します。

しかし、当時の日本には看護婦という観念が無く、役人は「看護婦=」と誤解し、
妾ならばと下田一の芸者であるお吉に白羽の矢が立ったのです。

当時の日本人は青い目の異人に偏見をもっており、お吉も最初は断っていましたが、
半ば強制的な説得に折れ、玉泉寺に向かう事になりました。
その後、お吉は悲劇的な人生を送ります。宝福寺はそのお吉の墓所です。


宝福寺」。
大きな坂本龍馬の木像が建っています。
この寺はお吉の墓所として有名ですが、坂本龍馬にゆかりのある寺でもあります。


坂本龍馬飛翔之地」碑。
この寺に坂本龍馬が訪れたという文献はありません。
とはいえ「飛翔之地」とは?じつはその答えが石碑の横に書かれています。
山内容堂 勝海舟謁見之寺」と書かれていますが、それが理由。

文久3年1月15日。この寺に投宿していた山内容堂勝海舟が謁見。
当時、坂本龍馬は土佐藩より脱藩し「お尋ね者」状態でしたが、
それを危惧した勝海が容堂に脱藩の罪を許してくれるように頼みます。
飛翔之地というのは、脱藩の罪が放免となり、
龍馬が飛翔出来るようになったという事らしい。


宝福寺にある「唐人お吉記念館」内。
お吉に墓に行くには、この記念館に入らなければいけないようです。
よほどの事がないかぎり、あまり有料の記念館的なものに入らないのですが、
今回は仕方が無いので入館。何故あまり入らないかというと、
お金出して入ったはいいが、写真はダメだったり、
パネル展示ばかりでつまらなかったりするからです(ここはOKでした)。
写真はお吉が玉泉寺に行くときに実際に乗った
記念館に入ると説明のナレーションが流れてきます。
その話によると、お吉の身長は171cmだったようです。
当時としてはものすごい大柄だったんではないでしょうか?


容堂 海舟 謁見の間」。
勝海舟が山内容堂に謁見した部屋。当時の状態で残ってるのは、床の間が少し。

容堂は酒の飲めない勝に対して、大杯の酒を飲み干せば龍馬の罪を許そうと言い、
勝はその大杯の酒を飲み干して許しを得たと伝えられています。
容堂にとって名前も覚えていない郷士の罪などどうでもよい話。
大杯の酒を海舟に勧めたのは、戯れ以外の何ものでもないでしょうね。
この海舟の行動によって龍馬の脱藩の罪は許されました。


記念館内にはお吉の遺品や資料などが多く展示されており、
入場料を払うだけの価値はありました。お吉の過去張も展示されており、
お吉が実在の人物であったということがわかります。


お吉の墓
お吉は稲生沢川の上流に身投げして自殺しましたが、
引き上げられた遺体の引き取り手が無かったため、
不憫に思った宝福寺の住職が引き取って墓を建てました。
その後、戦前の有名役者らの寄付により、立派な墓が建てられています。


面白いなと思ったのが、この看板。
お吉と龍馬の肖像が書かれていますが、
お吉の顔は「19歳のお吉」と伝えられる写真を真似た絵ですが、
現在はお吉の肖像ではないという説が主流です。
そして龍馬の顔は、完全に福山雅治・・・・・。

お寺の関係者に福山ファンが居るんでしょうね。
///④//

■関連記事■
下関の人々は外国人に慣れていた
 攘夷戦の起こった下関は、実は外国人は身近だった。
おりょうさんについて①/
 彼女もある意味では似た境遇であったのかも?
らしゃめん伝吉①/
 漂流民伝吉は通訳となり、外国人のように振る舞いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。