下関の人々は外国人に慣れていた

青い目、大きな体、金髪、異様な服装。
幕末の人々は見た事の無い外国人を畏怖した。

・・って、実はそんな事はありません。
特に下関では、定期的に外国人が観光していましたので。

長崎オランダ商館のトップである商館長(カピタン)は、
貿易継続の許可と御礼で、江戸参府を定期的に行っており、
その道中に必ず下関に寄っていました。
この参府は4年に一度、
嘉永3年までに166回行われています。

しかも下関には数日間滞在する事が認められており、
宿泊所の大年寄である伊藤家佐甲家の当主は、
両家共に代々蘭癖であった為に、カピタンらを大歓待し、
下関周辺の神社仏閣を案内していたのです。

下関の人々は4年に一度、
行き帰り2回も観光に来る外国人達を見るわけで、
西洋人に免疫があったわけです。

下関に来るカピタン達にとっても、
出島以外の土地を廻れるチャンスはそうそう無いので、
どんどん出歩いて観光しました。

下関以外で数日間の滞在が許されていたのは、
京都大阪小倉の3箇所でしたが、
大阪では役人がいるので行いを慎まなければならず、
小倉では出島の役人に、道中の様子を報告する手紙を書くので、
京都と下関のみが羽目をはずせる機会だったようです。

京都ではカピタン達が慎みの無い薄着をしていたとされ、
役人達がいないから羽目をはずしたとされていますが、
滞在先の阿蘭陀宿である海老屋は、小部屋しかない宿で、
京都盆地の蒸し暑い気候に耐えれずに薄着になっただけで、
羽目をはずしていたのではないかもしれません。

それにひきかえ、下関では大名の宿泊する本陣が滞在先で、
しかも主人が代々蘭癖なので大歓迎。
家族総出でオランダ風の劇を演じ、琴や舞、
手品に船頭の唄など様々な余興でもてなし、
主人の収集したコレクションを披露してもらったり、
周辺の神社仏閣を案内してもらったり・・・・。
羽目を外さないほうが難しいかも?

そういう訳で下関は、白人が意外と身近だったようです。
高杉晋作が下関を開港しようとしたのも、
そういう土壌があったからかもしれません。

■関連記事■
下関市本町 空月庵跡 伊藤助太夫(九三)墓所
 東の本陣伊藤家の墓所。
下関市南部町 馬関越荷方役所跡・本陣佐甲邸跡・紅屋跡
 西の本陣佐甲家跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。