長崎県長崎市 出島跡

長崎に出張。
客先アポイントの時間より早く着いたので、出島跡に行ってみました。

訪問先と目と鼻の先にありました。「史跡 出島和蘭商館跡」です。
長崎市が約170億円かけ、出島の復元事業を進めているとの事。


2050年を目標に、扇形の島を完全復元するそうですが、
ずいぶんと気の長いお話ですね。完成後は、こんな感じになるようです。


出島内の町並み。
いい雰囲気です。平日なので人も少ないですね。


商館長宅「カピタン部屋」。
商館長(カピタン)の住まいと、お客をもてなす場としての機能を持つ、
出島を代表する建物。


各館は入る事が出来ます。これはカピタン部屋。


カピタン部屋の一室。洋風ですが床はタタミってのがいいですね。
壁の模様もかわいらしいです。


まだ、建設予定のスペースがあります。奥は幕末~明治の建物。


15分の1に再現された出島もあります。
なぜかお賽銭が沢山投げられていました。


対岸の江戸町側から表門橋を渡りこの門で、
探番が出入りする人々を改めていたそうです。


表門から対岸を見たところ。ここに橋をかける計画なのかな?


出島は「バドミントン伝来の地」らしいです。
そういえば僕は中学の頃、バドミントン部の幽霊部員でした(どうでもいい話)。

幕末には開国して、出島は存在意義を失ってしまいます。
幕末の志士達もここを訪れるより、グラバー邸の方に行ってたんでしょうね。
次回来るときは、グラバー邸に行ってみようと思います。
中学の修学旅行以来だな・・・。

■関連記事■
幕末朝鮮史
 李氏朝鮮には出島のような欧米との門戸はありませんでした。
下関の人々は外国人に慣れていた
 出島のカピタンは江戸への道中で、必ず下関に滞在しています。
長崎日帰りバスツアー①
 長崎への日帰りツアーに参加したときの記事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。