幕末朝鮮史

日本が幕末に尊皇攘夷運動から倒幕を経て、
明治維新を遂げた頃、お隣の朝鮮国は、
どのような状況だったのでしょうか?
※タイトルが幕末朝鮮史ってなってますが、
 朝鮮は幕末ではないので、正確ではありませんが、
 わかりやすい表現として使います。

当時の朝鮮半島は、李氏朝鮮と呼ばれる王朝があり、
日本と同じく鎖国政策を布いています。
ただ、日本の出島や清国の広州のように欧米への窓口は無く、
李氏朝鮮には世界情勢を知る手段がありませんでした。

欧米への窓口はありませんでしたが、
大陸からカトリックが伝来しており、
儒教の精神に反する教義であると、
幾度も弾圧事件が起こっています。
17世紀中盤になると、欧米諸国は日本と同様に、
李氏朝鮮にも開国を求め、等が干渉していました。

王朝は幼い国王高宗の父大院君が実権を握り、
欧米列強に対しては、鎖国・攘夷体制を布き、
カトリックへの弾圧も強化しています。

朝鮮半島で布教していたフランス人宣教師や朝鮮人信者は、
大院君によって処刑され、これに対しフランス極東軍は、
1866年に朝鮮への軍事攻撃を決定。
ギュスターヴ・ローズ指揮のフランス軍が江華島を攻撃し、
江華島の一部を占領し、首都漢江の封鎖に乗り出しました。
しかし文殊山城の戦いで、5倍の兵力を持つ朝鮮軍に敗れ、
首都の漢江封鎖を断念するに至ります。
朝鮮軍は兵力を増員した為に、ローズ少将は撤退を決意。
戦いは李氏朝鮮の勝利に終わりました。

この戦いの2ヶ月前。
米国商船ジェネラル・シャーマン号が、
通商を求めて羊角島に来航。
これを朝鮮軍が攻撃して乗組員全員を殺害します。
怒ったアメリカは、1871年に艦隊を編制し江華島を攻撃。
砲撃後に上陸して草芝鎮徳津鎮広城鎮を占領しました。
この戦闘で朝鮮軍は約240人の戦死者を出しましたが、
アメリカ軍は多数の戦利品を回収して退却します。

これを李氏朝鮮は自国の勝利とし、
2度も列強を撃破した事により、
自国の軍事力を過信してしまいます。
以降、攘夷熱の過熱した李氏朝鮮は、
日本からの使節団に非礼をとり、
日本に「征韓論争」が巻き起こるのでした。

まあしかし、実際にフランス軍を破ったのは確かです。
最新式の兵器を持ってしても、数の論理があるわけで、
陸戦になれば兵員を補充できて地の利のある朝鮮軍は有利。
下関戦争も本格的な陸戦になれば、
同じ結果となっていたでしょう。
高杉晋作はそれがわかっていた訳で、
強気の交渉をする事ができたわけです。
ただ、やはりフランス軍は陸軍国ですので、
陸戦をやりたがるフシはあります。これが敗因ですね。

李氏朝鮮はその後、大院君と閔妃の争い、
開化派のクーデター、清国の干渉、
東学党の乱日清戦争を経て、
大韓帝国が建国されるわけですが、
安重根による伊藤博文暗殺によって、
日韓併合へと進むのでした。

■関連記事■
八戸事件
 幕府が朝鮮を攻めるという偽記事をめぐる事件。
人力車の話
 大身旗本の若様が人力車を引いていたという話。
下関の人々は外国人に慣れていた
 カピタンは下関の町を散策していたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。