人力車の話

今も京都などの観光地にある人力車
2つの車輪が付いた乗り物を人が引いて走るという
なんとも原始的なものなんですが、
文明開化な雰囲気がする不思議な乗り物です。

もちろんこれはドラマの影響なんでしょうが、
江戸から東京に変わって近代化された町に登場し、
維新後の文明開化の象徴のようなイメージがあります。
ですがこれは諸外国から入ってきたわけではなく、
日本で発明されたものなんですね。

・・というより、江戸時代の大八車とほぼ変わらないし、
大八車に怪我人や足の不自由な人を乗せる事もあったので、
発明ってほどでもないし、遥か昔の三国志の時代に
諸葛亮孔明も前後の差はあるものの、
そういう風な乗り物に乗っています。

明治期のようなカタチの人力車の登場は、
明治2年頃、和泉要助高山幸助鈴木徳次郎の3人が、
外国の馬車をヒントに発明したとされています。
これには異説もあって、明治元年には既にあったとする説もあり、
当時は多くの人が自分が発明したと名乗り出たりしたようです。

ともかく駕籠より速く、馬車より安価ということもあり、
驚異的なスピードで普及する事になりました。
これには幕府瓦解に伴い、幕府諸大名屋敷の奉公人が、
その職を失った事で、車夫に転向するケースが多く、
バブル崩壊後にタクシーが異常に増えた時とよく似ています。

タクシーに似ているといえば、急激に増えた人力車に対し、
政府規制を行ったことも似ています。
政府は賃金上限の設定や税金の設定など、
往来が人力車だらけになってしまわないように、
いろいろと歯止めに乗り出しました。

とはいえ大量に出現した失業者を救ったという意味では、
人力車は明治維新に大きく貢献したといっても過言ではなく、
路面電車自動車が普及するまで、
明治期のメインの交通手段となっています。

この人力車の車夫には、上記した奉公人の他、
時代おくれとなった駕籠かきも転向していますし、
没落士族達の多くも車夫となっていたりします。

大身旗本であった白須甲斐守の子息某は、
生計を失って車夫となって本郷あたりに住んでいました。
この白須某は、ある日旅人姿の客を乗せて、
本郷から板橋に向かっています。
走っていると客が、
あなたはもしや、白須の若殿ではございませんか?
と言うので「お尋ねのとおり甲斐守の倅ですが、
今はこの体で面目も無い次第でございます
」と答えました。
すると客はすぐさま車から降りて、
若殿様とは存じませず失礼しました」と詫びます。
客は先代に奉公していた弥平という者で、
現在は群馬県で相応に暮らしているという事で、
どうにか別に暮らしが立つように、
良職を紹介しましょうと言ったという。

これは「東京曙新聞」に書かれた美談ですが、
まあ仕事を紹介するしないは別として、
身分の逆転現象ってのも多くあったのでしょうね。

■関連記事■
日本初の西洋料理を開いた草野丈吉
 なんにしても先駆者というのは素晴らしいものです。
鹿鳴館の華
 幕末は遠い昔。
釣りキチ直綱
 釣りには中毒性があると聞きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。