鹿鳴館の華

幕末は遠い昔。
明治16年から20年の事を鹿鳴館時代という。
欧米諸国に日本が文明国であるとアピールするため、
鹿鳴館という洋館を建てて、
国賓の接待や舞踏会を行った時代がありました。

洋館造って舞踏会して文明国ですよって、
なんとも浅はかな思考ですが、
時代が時代だけに生き残った志士達が、
鹿鳴館に行ってるわけです。

そもそも鹿鳴館政策を推進したのは、井上馨でした。
散って逝った志士達が、
草葉の陰でどう思ったのかなとか考えるわけで、
われらが高杉晋作が生きていたならどうしたでしょうね。

・・・う~ん。意外と楽しんでそうな気もする。
おうのを連れて夜な夜なバカ騒ぎしてたりして。
・・いや、案外本妻のを連れてくるかも?
なんならめちゃめちゃ浮名を流していたかも・・・。
ああ・・晋作が居なくてよかった(笑)。

さて、洋館造って舞踏会を開いても、
当時の女性が西洋風のマナーエチケットを知る由もない。
招待された外国人の目にも滑稽に写ったことでしょう。
仕方ないので西洋風のエチケットやマナーを身に付けた芸妓を、
こっそり派遣したりする、要はサクラですね。

そんな中、欧米への留学や、渡航経験のあるご婦人方や、
好奇心旺盛で才能あるご婦人方は、
西洋風の流儀を身に付けていました。


井上武子
井上馨夫人。夫が推進した鹿鳴館の舞踏会をリードします。
西洋の流儀は、井上の欧州視察に同行して身に付けました。
目の感じや表情が武井咲に似てるかな?


鍋島榮子
旧佐賀藩主鍋島直大夫人。
直大がイタリア国公使時代に結婚してローマ社交界デビュー。
帰国後は外国での経験を生かし、鹿鳴館の華となります。
日本赤十字社の会長にも就任しており、
日清・日露戦争での負傷者の看護に貢献しました。
松雪泰子に似てると思いませんか?


戸田極子
旧大垣藩主戸田氏共夫人で、岩倉具視の次女。
岩倉に似ないでよかったねといった感じですが、
鼻なんかがそっくりだったりします。
伊藤博文と関係を持ったというスキャンダルもありますが、
真相は不明ですが、伊藤の女癖の悪さはクズ同然ですから・・
幼くして英語やダンスを教育されており、
美女と評判も高かった極子は、鹿鳴館で注目を集めています。
目元や鼻筋が香椎由宇に似てるかな?


渋沢兼子
渋沢栄一夫人。明治に入って没落した商家の出身。
生活の為に渋沢の妾になりますが、
後妻として迎えられています。
大実業家の妻として夫を支え、慈善事業を推進するなど、
社会慈善事業に大きく貢献しました。
竹内結子高橋ひとみって感じですね。


伊藤梅子
伊藤博文夫人。初代ファーストレディ。
下関で伊藤を助けた縁で伊藤と結婚しますが、
伊藤は女に関してはクズです(笑)。
気苦労は多かったでしょうが、そんなことは微塵も感じさせず、
元勲の妻として気丈に振る舞いました。
有森裕子に似てる?松雪泰子にも見えないこともないかも?


陸奥亮子
陸奥宗光夫人。横顔と正面の写真が別人のようなこの人。
奇跡の一枚なんていわれることもありますが、
実際にも美人と評判だったようで、
戸田極子と共に鹿鳴館の華と呼ばれています。
この写真でいえば、目のあたりが吉田洋


大山捨松
大山巌夫人。会津藩家老山川浩健次郎の妹。
米国に留学後、大山巌に見初められ後妻となります。
薩摩人との結婚には猛反対もあったが、夫婦仲は良好。
鹿鳴館の貴婦人とうたわれ、慈善事業にも積極的に取り組みました。
残念ながら女性芸能人で似てる人が思いつきません。

意外とみんな美人ですね。幕末とはほど遠い時代の話ですが、
たまにはこんな記事もいいでしょう?

■関連記事■
花燃ゆ50
 大河「花燃ゆ」の最終回に鹿鳴館が登場。
山口市 洞春寺(井上馨墓所)
 山口にある井上馨、武子の分霊墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。