山口県山口市 洞春寺(井上馨墓所)

維新を生き抜いた志士達は、明治政府や軍に出仕し、
東京に在住していた為、墓所は東京という例が多い。
当時は死没地に埋葬されるケースがほとんどですが、
地元の代々の墓に分霊される場合もあります。

長州藩出身者は地元に墓が無い場合が多く、
木戸孝允伊藤博文山縣有朋山田顕義
野村靖品川弥二郎桂太郎山尾庸三など、
地元に墓がない人物を挙げればきりがない。
親類ごと東京に移住したというのが主な理由でしょうが、
現在でも中央に出た山口県民は、
地元を顧みないという特徴があります。

それに引き替え、大村益次郎(記事はこちら)や、
広沢真臣(記事はこちら)は地元に墓がありますが、
こういうのはとても好感が持てます。

さて、今回訪れたのは、洞春寺にある井上馨の分霊墓。
汚職にまみれた後半生を送った井上ですが、
地元に墓があるだけで好感度UPですね。


洞春寺山門」。
1400年代の門で大内氏が建てた国清寺のもの。


洞春寺観音堂」。
こちらも1400年代のもの。
大内持盛の菩提寺であった観音寺の御堂で、
毛利家の支配期には大通院と称していました。
明治期に朽廃が著しかったため、
ここに補修、改築されたものです。


洞春寺本堂」。
井上聞多率いる鴻城隊は、ここを本陣としていました。
※当時は寺名は常栄寺
分霊墓があるのはそういう縁から。
井上は春山花輔のいう変名で鴻城隊総督となっています。


井上家墓所」。
本堂の裏手にある井上家墓所。
馨の他に妻武子、養嫡子の井上勝之助・末子の墓もあります。


従一位大勲位侯爵井上馨分霊塔」。
井上聞多は後に馨と改名。明治政府では主に財政に力を注ぎます。
西郷隆盛には「三井の番頭さん」と揶揄されましたが、
大隈重信は、井上を次のように評しています。
一旦紛糾に処するとたちまち電光石火の働きを示し、
機に臨み変に応じて縦横の手腕を振るい難問題も纏まりがつく。
氏は臨機応変の才に勇気が備わっている
」と。


侯爵夫人井上武子分霊塔」。
武子は旧薩摩藩士中井弘の妻で、中井が薩摩へ帰郷する際に、
大隈重信邸に預けられていました。
井上は大隈邸を訪れた際に、武子に惚れてしまい恋愛関係に発展。
帰ってきた中井は妻が寝取られた事を知りますが、
井上に添い遂げる「誓約書」を書かせて身を引き、二人は結婚しました。


正二位勲一等侯爵井上勝之助分霊塔 侯爵夫人井上末子分霊塔」。
井上勝之助は井上馨の兄井上光遠の子で、
嫡子のいなかった井上の養子となりました。
成人後は外務省に出仕して、ドイツやイギリスの大使になっています。

実は大河ドラマの主役にふさわしい長州の人物は、
井上馨なんじゃないかと思う。
幕末期には、攘夷活動や留学、殺されかけたり、
薩長同盟に関わったり・・。
明治期には、略奪愛のロマンス、
汚職や財政手腕の発揮、大命降下の拝辞など・・。
これほど面白いエピソードが盛りだくさん。
・・まあ好き嫌いの分かれる人物ではありますが・・・。

■関連記事■
高杉晋作顕彰碑物語①(晋作を顕彰する)
 井上は晋作の除幕式で2時間に及ぶ大演説を行っています。
山口市 世外井上馨候遭難之地
 井上が俗論党に襲撃された場所。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。