高杉晋作顕彰碑物語①(晋作を顕彰する)

①////////

動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し・・・
有名な東行庵にある晋作の顕彰碑
その建立の過程には色々なドラマがありました。


贈正四位高杉君碑」。

冒頭の「動けば・・」は、
晋作の性格や生き様をよく表した名文ですが、
これを伊藤博文が書いた事もよく知られます。
碑文については晋作関連のサイトに掲載されていますので、
ここではあえて触れません。

晋作の顕彰碑は、明治40年頃から伊藤博文、山縣有朋
井上馨杉孫七郎らが発起人となって計画が進められました。
歴史を全く知らないインチキ知識人やブロガーが、
長州閥が自ら正当性を宣伝するために顕彰事業を行った
と言ってますが全くの間違いで、顕彰事業に全くの組織性は無く、
遺族らが慰霊の意味を込めて発起したものがほとんどです。
組織的であれば、久坂玄瑞の顕彰碑が存在するはずですよね。
晋作の顕彰碑も、発起人のひとりが「顕彰碑を建てよう」と言いだし、
皆が賛同したのでしょう。

さて、晋作の顕彰碑ですが、
墓所の隣に眠る福田侠平の顕彰碑も建てようという事になり、
同時に計画が進められ、福田の撰文は山縣が担当するのですが、
晋作の撰文については、伊藤が「俺が書く」と自ら申し出ました。
撰文はをつけるために位の高い人間の名を借りて、
実際にはゴーストライターが書く事が多いのですが、
やはり生死を共にした晋作の撰文は、自ら書きたかったのでしょう。

同時に進められた晋作と福田の顕彰事業ですが、
福田の顕彰碑の方がかなり早く出来上がります。
自ら名乗り出た伊藤は、なかなか撰文を仕上げられない。
福田の碑が除幕してもまだ出来上がらず、
結局撰文の完成に2年かかりました。
その甲斐あってか「動如雷電 発如風雨・・」の名文が完成。
晋作の生涯と功業が、簡潔かつ適切に表現されました。

しかしながら、この撰文が遅れた事により、二つの悲劇がおこるのです。

①////////

■関連記事■
伊藤博文 ~高杉晋作との関係
 晋作の弟分のような存在であった初代内閣総理大臣、
山口市 福田侠平遺髪墓
 山口市に福田の遺髪墓があります。
高杉晋作の葬儀
 晋作の葬儀は白石正一郎が取り仕切りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。