山口県山口市 福田侠平遺髪墓

奇兵隊軍監福田侠平は、
高杉晋作が最も信頼していた人物とされ、
又、自身も晋作に心酔していたようで、
晋作の隣に葬って欲しいと遺言しています。
奇兵隊の中でも比較的年長者であったためか、
冷静な人物だったようで、
血気盛んな隊士達からも大変慕われていました。

下関戦争長州内訌戦幕長戦争と歴戦し、
北越戦争では、不利な状況にも悠々とした態度で臨み、
平然と指揮を続けた為、部下も安心して戦えたようです。
大の酒豪で戦闘中も酒を携帯していたのですが、
その酒が彼の命を縮めることになり、
戊辰戦争凱旋後、下関で明治政府の成立を祝って大飲し、
2日後に卒倒して急死してしまいました。

先に書いたように彼の墓は、東行庵の晋作の隣にあるのですが、
本宅であったこの地にも遺髪を納めた墓が建立されています。


山口県大内氷上周辺(福田侠平遺髪墓の場所)
福田侠平の遺髪墓は、
山根観音堂の近隣にある墓地にあります。


「山根観音堂」。
中に「木造聖観音菩薩立像」が安置されています。
お堂の裏手のクスノキに、木喰仏がいますが、
この木喰仏というのは、
全国を遍歴した江戸後期の行者木喰上人が彫った木仏。
防府市桑山にある立木観音も木喰仏です(記事はこちら)。


楠木喰仏」。
クスノキの幹の穴から見える木仏。
どういう風にして彫ったんでしょうね。

山根観音堂の裏手の道を東に進むと、古い墓地が現れます。

古い墓地とはいえ、よく整備されているようでした。
ここに福田侠平の遺髪墓があります。


福田侠平公明之墓」。
墓地の上段にありました。
この墓石は長い間不明だったようですが、
地元有志によって発見され顕彰されました。

山根観音堂の裏手にある案内板の地図に、
福田の居宅址もあったのですが、
それらしき所にいっても何もありませんでした。

福田侠平居宅址?」。
このあたりに居宅があったのでしょうかね?

■関連記事■
高杉晋作顕彰碑物語①////////
 晋作の顕彰碑の数年前に、福田の顕彰碑は建立されています。
高杉晋作に従う謎の僧
 福田に送った手紙に、晋作の絵が描かれていました。
雅とうの
 この2人の墓より、福田の墓の方が晋作の墓に近い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。