雅とうの

晋作の女と言えば妾の「うの」。


うの(谷梅処)

いろんな本やネットを見ても、
大概が晋作はうのを愛したとされており、
晋作は家柄の良い井上家の雅を妻とし、
 愛人のうのを愛した
と書かれていたりします。


高杉雅

でも、ちょっと考えてみましょう。雅とうの。どう違うの?

雅が不細工でどうしようもない駄目妻ってわけでもない。
萩一の美人で有名だったらしいですし、家に良く尽くし、
晋作の死後も息子の東一を必死に育てました。
晋作が「武士の妻たるものは・」と色々手紙に書いていますが、
雅は十分に期待に答えています。

では、うのはどうでしょう?
右を向いていろといえば、
 いつまでも右を向いているような女
だったとされていますね。
芸妓のわりに地味なタイプであったとも言われています。

どうですか?なんだか二人は似たタイプだとは思いませんか??

家の為に井上家の雅を妻とした事に間違いはないでしょう。
でも、だから雅を愛していなかったことにはなりません。
また残される手紙でも、蔑ろにしているとは思えません。

晋作は国事に奔走しなければなりませんので、
萩になかなか帰れない。
晋作自身も「武士の妻たるものは、
家を必死に守るべきもの」という理念もある。
そしてそれを忠実にこなす立派な妻
愛せない理由はありませんね。

じゃあなんでうのという愛人を作ったんだよ?
・・て思う方もいらっしゃいますが、
晋作は英雄ですが聖人君子ではありません。、
拠点の下関での暮らしも長いと人肌も恋しくなります。
雅に似た雰囲気の芸妓に恋しても仕方ないでしょう。
また武士の妻でないうのには、
自由(揚げてもらえば)があります。
四国への亡命に連れて行くことも可能です。

僕が想像するには、雅>うの でも、
雅<うの の話ではないのではないでしょうか?
女性が聞けば怒るかもしれませんが、
カレーととんかつどっちが好き? 選べません!
の世界ではないでしょうか?

この二人は、よく似ています。
晋作はどこかでそう感じたのでしょう。
晋作の死後、二人は立場は違えど、
同じように晋作に尽くします。

妻は高杉家を守り、一人息子を大事に育て上げる。
愛人は出家して、晋作の墓を死ぬまで守る。

この二人は面白いもので、
晋作の死後は交友関係にありました。
雅は死後、東行庵の墓に入っていますし、
うのも東行庵に墓がある。
晋作は二人の墓に囲まれて気まずい雰囲気の中眠っています。
ただ、晋作にとって幸いな事に、
この二人より晋作の墓に近いのは、
奇兵隊軍監福田侠平の墓だったりするんですねぇ(笑)。

■関連記事■
高杉晋作顕彰碑物語①////////
 晋作の死後、梅処尼は旦那の碑を待ちわびていました。
谷梅処
 作家の才能は時として凶器となります。
下関市赤間町 末廣稲荷神社
 うのは裏町の芸妓でした 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。