下関市赤間町 末廣稲荷神社

かつて赤間町にあった稲荷町・裏町遊郭は、
下関最大の遊郭にして日本最古の遊郭とされています。
高杉晋作坂本龍馬ら志士達が通ったこの遊郭は、
壇ノ浦の戦い平家が滅んだ後、
残された女官達が生業がとした事が起源。
宮中大奥の高級女官を「上臈(じょうろう)」と云いますが、
この上臈が「女郎(じょろう)」の言葉の起源とも云われます。
関東・関西の遊女の最高位が「太夫」と云うのに対し、
下関や門司の遊女の最高位は「上臈」であったようです。

そしてこの稲荷町・裏町遊郭には、晋作や久坂玄瑞
伊藤俊輔井上聞多中岡慎太郎など多くの志士達が通った他、
晋作の愛人うの(谷梅処)も、裏町「堺屋」の芸妓でしたし、
伊藤博文夫人梅子も、置屋「いろは」の芸妓でした。

さて現在、稲荷町・裏町遊郭はありません(あたりまえか・・)。
界隈は全て空襲で焼け落ちてしまい、
当時の面影さえ見つけるのが難しくなっています。


明治末年ごろの稲荷町。

そんな稲荷町・裏町遊郭に唯一残されているのが末廣稲荷神社
稲荷町の稲荷はこの神社に由来します。
もちろんここも空襲で焼けてしまって建て直されていますが、
石垣や石段は当時のものだという。


最大の妓楼「大阪屋」跡地に建つ東京第一ホテル下関の裏に、
ひっそりと末廣稲荷神社はあります。


当時の写真。
結構大規模な神社だったようですね。


階段の上には真新しい社殿が・・。
当時の写真と全く規模が違いますが、
再建された事が重要です。


神社の近くの家の石垣には玉垣がありました。
ここも境内だったんでしょうね。

基本的に遊郭のようなアングラな場所は、
保存するという概念はないと思います。
とはいえこの遊郭で幕末の志士たちが集い、
攘夷戦奇兵隊薩長同盟などについて、
熱く語り合っていた事は間違いないでしょう。

■関連記事■
先帝祭 上臈参拝
 稲荷町の上臈が安徳天皇陵に参拝した事が起源。
晋作と西郷は会っていたのか?
 稲荷町の大阪屋で、晋作と西郷が会ったとされます。
晋作と西郷は会っていたのか?2
  晋作、西郷会談説の追記。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。