晋作と西郷は会っていたのか?

高杉晋作西郷隆盛は、面識が無かったとされています。
yafoo!知恵袋などでも、よくそういう答えが見受けられますね。

大概が会う機会があったけれども、晋作が会わなかったというもの。
晋作は他藩の人間を信用せず、特に西郷が嫌いだったとか・・。

でもこれ、司馬遼太郎の受け売りなんですね。
司馬の小説「世に棲む日日」で、外国公使襲撃計画を、
久坂玄瑞が土佐の武市半平太に漏らし、それが回り巡って藩主にバレたことで、
他藩の人間は信用ならんということになる。
それで「世に棲む日日」の晋作は、西郷や坂本龍馬にも会おうとしない。

司馬の小説は、登場人物が生き生きとしていてとても面白い。
これは、司馬がキャラクター設定をしっかりしているからです。
司馬は、「他藩嫌いの高杉晋作」というキャラクターを作り出し、
何故嫌いなのかの設定まできっちりと作りこむ。

真に素晴らしい小説家なのですが、それによって司馬の作る人物像が、
あたかも史実のように語られてしまうということになってしまいます。
司馬の「十一番目の志士」というフィクション作品に登場する天童晋助という刺客を、
実在の人物と勘違いした歴史研究家もいたらしい。

晋作は他藩の人間が嫌いで信用していなかったというのは、そもそも司馬の創作で、
小説上の高杉晋作を魅力的なキャラにするための、司馬特有の手法なのです。

現に晋作は、土佐の中岡晋太郎と親交が厚かったようですし、
同じく土佐の田中光顕を弟子にしています。
福岡の月形潜蔵らとは、九州諸藩連合を目指して行動していますね。
他藩士を信用してなければ出来ない所業です。

さて、もうひとつ晋作と西郷に面識が無かったとされる出所が、
防長回天史」で「西郷隆盛と高杉晋作は終生面識なし」とされています。
信憑性として高いのが、伊藤博文税所篤だけでなく、
井上馨西郷従道にも直接聞き取りをしている事。

しかし、二人が会ったとされる文献もあります。

品川弥二郎の伝記「品川子爵伝」では、
元治元年11月頃平尾山荘で会ったとされています。
たまたま福岡に来ていた西郷が、野村望東尼を訪ね、
そこに匿われていた晋作と国事について語ったという。

この時期、西郷は広島~岩国間を往復しており、福岡に入った形跡はありません。

もうひとつ。
元治元年12月11(12)日
下関稲荷町の対帆楼(大阪屋)で二人が会っているというもの。
これは、久留米藩士の手記「水野正名翁伝」、
長府藩家老三吉周亮の日記「三吉周亮履歴并日記中摘要」など、
多数の資料に見られます。

西郷は和睦交渉のために小倉から下関に渡り、対帆楼会談に臨みます。
このお膳立ては、福岡藩月形洗蔵早川勇
久留米藩水野正名、土佐浪士中岡慎太郎土方久元
西郷は秋月藩士の肩書きで下関に渡ったようで、
側近の吉井幸輔税所笑蔵を供に秘密の上陸だったようです。

対帆楼で待っていたのは、高杉晋作以下14~15名の隊士。
この隊士というのがどの隊なのかは不明ですが、
遊撃隊の幹部だったのではないでしょうか?

西郷が下関に来たということは、五卿の東久世通禧三条西季知も証言しています。
そのことについては間違いないでしょう。
では西郷が何故、下関に渡ったのかを考えてみます。
長州征伐関連の件であれば、仲介役の岩国藩で良いでしょう。
交渉相手はあくまで長州藩であり、長府藩ではありません。
下関に用があるとすれば、それは長州の政府ではないはずで、
当時勢力として認知されていた奇兵隊などの諸隊との交渉が目的だと思われます。

この会談後、12月15日。晋作は功山寺で挙兵します。
諸隊が一丸となって武力を行使すれば、現政権の転覆も可能でしょう。
奇兵隊らがこの挙兵に参加しなかったのは、本藩に弓引くという事もあったでしょうが、
広島にいる征長軍が動くのを恐れたからではないでしょうか?

もしかしたら、晋作は征長軍が動がないとわかっていた・・・?
確かに晋作は、味方の退路まで考えて戦略を練るタイプです。
功山寺挙兵を「一か八か」で行ったとは考えにくい・・・。

仮に晋作・西郷会談が実現していたとすれば、
現政権打倒が完了するまで、西郷に征長軍を動かさぬように依頼する事も可能。
そう考えれば、第一次征長軍のお粗末な動向も納得できる。

内訌戦以降のトントン拍子を考えれば、
対帆楼会談である程度のヴィジョンが出来上がっていたと考えた方が、
スムーズな流れとして見る事が出来ます。

では、なぜこの重要な会談の資料が乏しいのか?
それは当時の長州の状況から考えて、
薩摩と交渉していたと知られるとマズイからでしょう。
長州側は晋作他14~15名しか知らぬ事だったから。

お互いが探りあいをしていた段階なので、
晋作が、現政権を打倒する。
西郷が、征長軍を解兵する。

お互いがこれを実行して信用を得られた事が、「薩長同盟」の布石になったのではないのか?

明治にはいってからの「防長回天史」で、
伊藤博文税所篤井上馨西郷従道が、
二人に面識が無かったと言っているのは何故でしょう?井上馨、西郷従道に関しては、
その場に居るはずが無いので知らないだけかもしれませんが、
伊藤博文、税所篤はその場にいたはずです。

税所に関しては、対帆楼会談で西郷が征長軍を足止め役を買って出たとなると、
大西郷の名に傷が付くからか?旧幕臣の恨みを買う可能性もあるからか?

伊藤の場合は、晋作と共に決起した功山寺挙兵が、
決死の覚悟で望んだ方が都合が良いからか?
伊藤は功山寺挙兵に初めから参加していることに誇りを持っていますので、
自らの功績を守る為かもしれません。

真相は闇の中ですが、回顧録よりも日記や手記の方が正確と言えますし、
生きている人間がする証言は、自分の都合のいいように湾曲させることができますので、
僕らの想像のつかない秘密にしなければならない理由があるのかもしれませんね。

もちろん推測ですが、僕は会ってて欲しいなと思っています。

■関連記事■
晋作と西郷は会っていたのか?2
 晋作と西郷の会談について追記。
下関市赤間町 末廣稲荷神社
 稲荷町にあった末廣稲荷神社。
「世に棲む日日(四)」司馬遼太郎
 晋作が他藩嫌いという説はこの小説から。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。