「世に棲む日日(四)」司馬遼太郎

久々に読みました。

東京に飛行機で日帰り出張(酷!)がありまして、
その道中に読む本を用意してなかったので、
本棚から取り出したのが「世に棲む日日」の4巻。

吉田松陰高杉晋作を書いた「世に棲む日日」の最終巻です。
長州の藩論は佐幕派となり、晋作はクーデターを企てますが奇兵隊は賛同しない。
結局、わずかな兵で功山寺で挙兵し、その成功を知って諸隊も参戦する。
地元の農民まで合流して、革命は成功。
晋作は軍部の最高責任者を打診されたが、それを蹴って妾と逐電。
大坂、四国と廻った後、ひょっこり下関に戻る。
幕府が長州征伐に乗り出し、晋作は海軍総督として幕府と戦う。
しかし、勝利目前で肺結核が悪化し死去。

まあ、こんなストーリーです。
久々に読んでの感想ですが、
長州内訌戦のあたりは、司馬の文面が冴え、すばらしい出来です。
数々ちりばめられた余談も、魅力的でした。

中でも、路上で村の娘とむしろの上で、逢瀬を交わす奇兵隊士の上を、
馬に乗ったまま飛び越え、「乗り打ち御免」と言って去っていった逸話はお気に入り。
晋作が、下関から奇兵隊が駐屯する大田に向かう途中の出来事。
隊士は、馬が自分を飛び越えたとき初めて気がつき、
あれは高杉先生ではないのか」と、むしろの上にすわりなおし、
遠ざかってゆく晋作の後ろ姿を、しばらく呆然と見ていた。
この話は屯営でひろめられ、滅多に笑わない山県が腹を抱えて笑ったというもの。

これは司馬の創作でしょうか?それともそういう言い伝えがあるのでしょうかね?
誰か知りませんか?
どちらにせよこのシーンをどこかのドラマで見たいものです。
内容が内容だけに大河では無理かな?

その後、四国に逃亡し、帰ってきて嫁と妾との三角関係に悩みます。
その辺まで、とても良い作品だと思います。

・・が、その後の幕長戦争が適当に書かれすぎ。
開戦から晋作の死までたった36ページしか書かれていません。
なんなんでしょうか?司馬の創作意欲が尽きたとしか思えません。
同じ司馬の作品「花神」の主人公大村益次郎も出てきませんし、
野村望東尼を救出した逸話も端折られてます。
連載の打ち切りでも告げられたのでしょうかね?

酷評となりましたが、他藩とは違う長州藩というものを知るうえでの入門編としては、
松陰→晋作と主人公が変化するこの作品はうってつけだと思います。

■関連記事■
「燃えよ剣」司馬遼太郎
 土方歳三が主人公の司馬作品。
「新撰組血風録」司馬遼太郎
 新選組を題材にした短編集。
「殉死」司馬遼太郎
 乃木希典を題材にした小説。
「人斬り以蔵」司馬遼太郎
 司馬の短編集。幕末の話以外も。
「最後の将軍」司馬遼太郎
 徳川慶喜が主人公の司馬作品。
「幕末」司馬遼太郎
 暗殺をテーマにした司馬の短編集。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。