「燃えよ剣」司馬遼太郎

今更ながら「燃えよ剣」を初めて読んだ。

長期出張なので何か本を読もうと思い、
ブックオフ100円コーナーで購入。
司馬の新選組関連小説は「新選組血風録」しか読んでいません。
あれは短編なので、気軽に読めますので・・・。

さて、「燃えよ剣」は土方歳三を主人公にした小説。
司馬の小説は面白い。
読んでいて物語に引きこまれそうになるのは、
他の作品同様です。

司馬の作品は、読んだ後でその登場人物が実在架空かを、
ちゃんと調べなければならない位、登場人物が生き生きとしています。
もちろんこの「燃えよ剣」にも、重要な敵役として架空の人物が登場し、
土方を付け狙います。七里研之助という人物。
この人物に関しては出来すぎなので、架空とすぐわかるのですが、
司馬らしい本物感が感じられないということは、失敗でしょうねぇ。

さてさて、
この「燃えよ剣」も司馬らしく人物の好き嫌いがよくわかります。
特に大鳥圭介なんかはボロクソ書かれていますね。
まあ司馬は基本的に陸軍に繋がる人物は、
大概ロクな書かれ方をしてないですが・・。

史実については、結構?な部分も多く、
斉藤一箱館戦争に居たりしていますし、
細かい部分に間違いが見受けられます。
ですが、さすが司馬遼。

細かい部分が気にならない位、土方をカッコよく描いています。
読んでみて、そりゃ土方ファン増えるわなって思いました。

■関連記事■
「新選組血風録」司馬遼太郎
 新選組関連の司馬の短編集。
「殉死」司馬遼太郎
 乃木希典を題材にした小説。
「人斬り以蔵」司馬遼太郎
 司馬の短編集。幕末の話以外も。
「最後の将軍」司馬遼太郎
 徳川慶喜が主人公の司馬作品。
「幕末」司馬遼太郎
 暗殺をテーマにした司馬の短編集。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。