「最後の将軍」司馬遼太郎

司馬遼の「最後の将軍」を読みました。

徳川幕府第15代将軍徳川慶喜のお話です。
徳川慶喜という人は、あまり良いイメージ持っていなかったのですが、
この本を読んで・・・まあ、あんまりイメージ変わらないか・・(笑)。

幕末ってのは、下級武士たちの物語で、
殿様方ってそんなにスポット当たりにくいのですが、
実際には、江戸時代ってのは殿様はエライのですね(あたりまえか)。

面白いのは慶喜を志士や公家らが英雄視し、慶喜さえ将軍になったならば・・。
と、救世主のように見ていたということ。
噂だけ先行し、慶喜の人となりを一部の人間しか知らないうちに、
カリスマが出来上がってしまう。現代にも通じるものがありますね。
実際には人ひとり変わったくらいで世の中は変わらないでしょう。
慶喜は、将軍でなければ、水戸徳川でなければ、
また違った運命であったかもしれません。
しかし、残念ながら志士でもなく大名でもなく、慶喜は将軍になってしまいました。

下のほうから足場が揺らいでゆく感覚。
これは将軍や大名らの感じた明治維新かもしれません。

■関連記事■
「燃えよ剣」司馬遼太郎
 土方歳三が主人公の司馬作品。
「新撰組血風録」司馬遼太郎
 新選組を題材にした短編集。
「殉死」司馬遼太郎
 乃木希典を題材にした小説。
「世に棲む日日(四)」司馬遼太郎
 幕末長州を描いた長編小説。
「酔って候」司馬遼太郎
 幕末の雄藩藩主を題材にした短編集。
「人斬り以蔵」司馬遼太郎
 司馬の短編集。幕末の話以外も。
「幕末」司馬遼太郎
 暗殺をテーマにした司馬の短編集。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。