「新選組血風録」司馬遼太郎

「司馬遼太郎は短編が面白い。」
・・・と、僕は思います。

実は司馬の長編をあまり読んだことないのです。
竜馬がゆく」はもちろんの事、
飛ぶが如く」も読んでいません。
4巻以上ある小説って、読もうとするのに勇気がいります。
読んだ中では、全4巻の「世に棲む日日」と、
全3巻の「花神」が一番長い部類です。
「世に棲む日日」を読んで、
途中から司馬の創作意欲が無くなったのを感じました。
それ以来、司馬の長編を読むのが怖いなと思うのです。

でも、彼の短編集は大好きです。
巧みな文章とストーリー構成、キャラクター造形がすばらしい。
短編なんで、創作意欲は満ち溢れています(笑)。
幕末」や「人斬り以蔵」、「酔って候」など、
どれも面白く何度も読み返しています。

司馬の恐ろしさは、
史実と創作を全く同じテンションで描くことができるため、
読者が創作を史実と勘違いしてしまうことです。
そのことにより、不幸になった(?)歴史上の人物も沢山いますね。

今回読んだ「新撰組血風録」も短編集です。
新撰組を題材にした15編の短編をまとめたものです。

各話ごとに異なる実在の隊士と架空の隊士が主人公となり、
主に土方歳三沖田総司が主要登場人物となり構成されます。

偽物を本物にしてしまう近藤勇の性格を描いた「虎鉄」。
映画「御法度」の原作にもなった男色をめぐる隊士の話「前髪の惣三郎」。
隊の重鎮を救出する為に何人もの隊士が犠牲になった「三条磧乱刃」。
沖田総司のエピソード「沖田総司の恋」「菊一文字」などが印象に残ります。

餅を七輪で焼きながら山崎の話を聞く土方歳三や、
子供と遊ぶのが大好きな沖田総司に人間味を感じます。
どの話も面白く、さすが司馬遼太郎といえる作品群でした。

■関連記事■
「燃えよ剣」司馬遼太郎
 土方歳三が主人公の司馬作品。
「殉死」司馬遼太郎
 乃木希典を題材にした小説。
「人斬り以蔵」司馬遼太郎
 司馬の短編集。幕末の話以外も。
「最後の将軍」司馬遼太郎
 徳川慶喜が主人公の司馬作品。
「幕末」司馬遼太郎
 暗殺をテーマにした司馬の短編集。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。