先帝祭 上臈参拝

今年は10連休
また、令和最初の先帝祭ですので、
上臈参拝」を見に行ってきました。

海に沈んだ安徳天皇を祀る神事「先帝祭」。
その象徴的なイベントが「上臈道中」で、
太夫が市内を練り歩き、最後に赤間神宮に参拝します。
これは平家滅亡後、遊女に身を窶した侍女達が、
幼帝の命日には容姿を整えて参拝したことに由来し、
侍女達の没後も稲荷町の遊女達に受け継がれました。
上臈参拝は、その上臈道中のラストを飾るものです。


赤間神宮の境内には赤い橋が特設され、
その上を太夫が進んで参拝します。
流石に人が多い・・。


禿上臈稚児警固等を引き連れて太夫が登場。
外八文字」という花魁独特の歩きを披露します。
太夫は全部で5名。それぞれの一団が一組ずつ参拝し、
煌びやかな衣装と動作で観客を魅了していました。


本殿への参拝。
これはなかなか見れないのですが、
運よく潜り込む事ができました。
※もちろん許可を得ています。


太夫はタイミングよく拝殿入口ですれ違います。
2人の太夫が同時に写ったベストショット。
ちなみにこれは嫁さんの撮った写真でした。


赤間神宮を出ると、ちょうど武者行列が。
ゆきちゃんは自分の五月飾りと同じと思ったのか、
これもってる~」と言ってました。

唐戸市場周辺では、
寿司ふく鍋を食べてる観光客が沢山。
いつでも来れるのに美味そうだなぁと思いつつ、
初めての先帝祭を体験しました。

■関連記事■
源平Night in 赤間神宮
 赤間神宮を舞台にした演劇イベント 。
下関市豊田町 安徳天皇西市御陵墓参考地
 安徳天皇が埋葬されたと伝わる御陵。
紅石山砲台
 赤間神宮後方に設置された砲台。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。