源平Night in 赤間神宮


夜の赤間神宮はライトアップされ、
竜宮造の水天門が美しく照らされています。

ここで「しものせき観光キャンペーン実行委員会」主催の、
赤間神宮を舞台にした演劇イベントがありました。

源平Night in 赤間神宮」と題して行われる劇で、
下関で起こった歴史的事件を演じます。


源平合戦(平家哀歌)
安徳天皇二位の尼が登場。都を追われた平家が下関に落ち延びます。


源平合戦(義経八艘飛び)
源義経が登場。
平教経平知盛と戦い、平家を滅ぼします。


怪談 耳なし芳一
平家悲話を奏でる琵琶法師芳一の歌の誘われ、
平家の亡霊が毎夜表れます。


巌流島決闘
佐々木小次郎宮本武蔵が、巌流島で対決。
3時間遅れてきた武蔵に小次郎は敗れます。


奇兵隊
高杉晋作が結成した奇兵隊は、
近代軍隊の魁となり、明治維新への原動力となります。


海峡上臈絵巻
平家の女官達は遊女に身を落とすが、
安徳天皇の命日には、その菩提を弔う為に御陵に参ります。


フィナーレは全員登場。

劇は拝殿前の大階段で行われたのですが、
パンフでは「歴史舞台劇の宝塚」と書いてありました。
でも、それはちょっと言いすぎ(笑)。
とはいえ、良いイベントだと思いますね。
簡単にですが下関の歴史を網羅してますし、
境内が舞台なだけに幻想的な雰囲気は、見応え十分です。
平家太鼓の演奏も大迫力。
この太鼓と三味線のリズム、僕は大好きです。

このイベントは10月の第1、第2、第3、第4土曜日に開催されます(雨天・荒天中止)。
無料ですので土曜日に下関にお立ち寄りの際には行ってみられては?

■関連記事■
先帝祭 上臈参拝
 上臈が赤間神宮に詣ります 。
下関市豊田町 安徳天皇西市御陵墓参考地
 安徳天皇が埋葬されたと伝わる御陵。
紅石山砲台
 赤間神宮後方に設置された砲台。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。