下関市豊田町 安徳天皇西市御陵墓参考地

下関市にある豊田湖はダムで出来た人口の湖。
河川の少ない下関は慢性的な水不足で、
木屋川の上流にダム湖を建設しています。
豊田湖は冬はワカサギ釣り、夏はキャンプなど、
意外に行楽客も多い湖。

湖畔には安徳天皇の陵墓もあります。
この安徳天皇の御陵は、
宮内庁治定の阿彌陀寺陵(赤間神宮)の他、
5ヶ所の御陵墓参考地もあり、
各地に安徳天皇陵とされるものが存在しますが、
いずれも落ち延びた伝説が元になっているので、
信憑性は薄いでしょう。

通説では壇ノ浦の戦いの翌日、
海に沈んだ安徳天皇の御遺骸は、
小瀬戸で鰯漁を営む中島家の網に掛かり、
その御遺骸を安置したのが阿彌陀寺陵で、
現在の赤間神宮境内にあります。

で、今回の豊田湖湖畔の陵墓の由来ですが、
壇ノ浦の戦いで勝利を治めた後、
源義経三種の神器を捜索しました。
すぐに八咫鏡八尺瓊勾玉は見つかるのですが、
どうしても草薙剣が見つからない。
そこで捜索範囲を広げ、
日本海にまで触れを出して行方を追います。

しばらくすると三隅澤江浦の漁師が、
貴人の子供の遺体を引き揚げたと情報が入り、
義経が行ってみると草薙剣は無かった。
仕方なくその遺体を網のまま御棺に移し、
下関まで運ぼうとしましたが、
何故かこの地で御棺が重くなってしまい、
どうしても運べなくなったので、
仕方なくそこに埋葬したとの事。
それが西市御陵墓参考地です。


豊田湖上流付近(西市御陵墓参考地の場所)


安徳天皇西市御陵墓参考地」。
他の天皇御陵墓と同様に、
柵で囲まれて中には入れない。
奥は山の様に盛り上がった円墳のようです。


御衣濯の池」と「古刀出土の地」。
豊田湖はダム湖なので当時はありません。
ここから左前方30m崖下の湖底に、
かつては池があったようで、
御遺体の衣をそこで洗ったのだとか。
また前方50mの湖底では、
古刀が数本出土しています。


墳墓の側には数基の石碑があり、
由緒など記されています。


木戸孝允詩碑」。
明治8年に木戸孝允もここを訪れているようで、
下記の漢詩を残しています。
 渓流捲巨石 山岳横半空 
 寿永陵辺路 団長杜宇声
訳:ごうごうと音をたてる水は、
  大きな岩にかみつくように流れ、
  山々は累々とし空に横たわっている。
  安徳帝陵の道を通っていると、
  ほととぎすの美しい音色が聞こえてきた、
  その声は腸を抉るような響きに聞こえた。

木戸は光雲寺に泊まった際、
この詩を作ったされています。
※どこの光雲寺かよくわかりません。
寿永陵というのが安徳天皇陵をさす言葉ですが、
寿永は元号で源平の争いのあった時代

この陵墓が安徳天皇のものであるのかといえば、
個人的意見では違うんじゃないかと思います。
壇ノ浦で沈んだはずの安徳天皇が、
長門市まで流れるとはどうも考えにくい。
小瀬戸で網に掛かった御遺骸の方か、
遥かに信憑性があります。

ただ澤江浦で子供の遺体が引き上げられたのは、
本当の事でしょう。
どこかの高貴な家の子供かもしれませんし、
朝鮮半島貴族の子供かもしれません。
たぶん高貴な衣を身に付けていたんでしょう。

大昔の事ですから何が本当かはわかりませんが。

■関連記事■
先帝祭 上臈参拝
 上臈が赤間神宮に詣ります 。
・ 京都府京都市 伏見桃山陵
 明治天皇の御陵。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。