下関市阿弥陀寺町 赤間神宮

初詣で赤間神宮へ。
考えたら赤間神宮の単体の記事って無かったので、
今回記事にしてみました。

赤間神宮は阿弥陀寺という寺院が前身とされますが、
その創建には諸説があり、壇之浦の戦いの翌年とも、
6年後ともされています。
とにかく朝廷の命で安徳天皇の御堂が建立され、
安徳天皇の母建礼門院の乳母の娘がとなり開山。
当初は尼寺であったようです。
※いつから尼寺でなくなったのかは不明。
以後は勅願寺なり、赤間関を訪れる人々の賽銭や、
宝物殿の拝観料による収益によって隆盛。
梅ノ坊奥ノ坊西ノ坊青蓮坊円福坊多聞坊や、
境内社である鎮守八幡宮を構えていました。

明治に入ると阿弥陀寺は廃され「天皇社」と改称。
後に赤間宮赤間神宮と改称して現在に至ります。


水天門」。
下関からはもちろん、
対岸の門司からも見える水天門
竜宮城をイメージして建立された楼門です。


阿彌陀寺陵」。
水天門の向かって左手に位置する安徳天皇陵。
壇之浦の戦いに敗れ平家は滅亡。
安徳天皇は二位尼に抱き抱えられて入水します。
亡骸は翌日、漁師の網に掛かって引き上げられ、
ここに埋葬されました。


普段は閉じられている扉が開けられていました。
正月だからかな?

御陵に参拝後、水天門へ戻る。
水天門の脇に、阿弥陀寺があった事を示す碑が・・。

高野山無量寿院 阿弥陀寺跡」碑。
阿弥陀寺が廃寺となってより、
阿弥陀寺の痕跡は残っていません。
この碑が唯一阿弥陀寺があった事を示しています。


赤間神宮 拝殿」。
初詣客で賑やかな拝殿。
拝殿は写真の大安殿と後方の内拝殿の二重になっており、
その間には水が張られており、
先帝祭上臈参拝もここで行われます(記事はこちら)。
ちなみに先帝祭は阿弥陀寺時代は「先帝会」でした。

赤間神宮拝殿向かって右側へ。

日本西門鎮守八幡宮 拝殿」。
赤間神宮の摂末社
平安時代前期の貞観元年に行教和尚が、
宇佐から岩清水へ分霊を勧請する際に、
西の守り神として創建された鎮守八幡宮です。
源平以前からあったわけで、阿弥陀寺よりも古い。
阿弥陀寺が創建されてからは境内社となり、
大内氏や毛利氏などの領主に尊崇されました。

赤間神宮拝殿の向かって左側へ。

耳なし芳一堂」。
怪談「耳なし芳一」の主人公芳一のお堂。
知らない人はいないとは思いますが、
「耳なし芳一」は以下のような話。

 阿弥陀寺に芳一という盲目の琵琶法師が住んでおり、
 その技は神が宿っていると称えられていましたが、
 壇ノ浦の戦いに敗れて海に沈んだ平家の亡霊も、
 芳一の琵琶を聞きたいとある夜その姿を現しました。
 亡霊に呼ばれるままに手をひかれて行くと、
 大勢の人達が大広間で威儀を正して座っているようで、
 御簾から「壇ノ浦の合戦の物語を弾奏せよ」と

 声が掛かります。
 芳一が弾奏を始めると居並ぶ人々は涙を流し、
 夫人たちは嗚咽の声を抑えきれずにいる様子。
 芳一が琵琶を弾じ終えると、

 今日は実に満足した。又明日も明後日も、
 7日7夜の間は必ず弾じてくれ
」と頼まれました。
 こうして毎夜、芳一が外出するを寺の僧らも気付き、
 芳一を陰から監視していると、

 夜中に誰もいないのに一言二言ものを言い、
 すっと立って外へ出ていく。僧らは後を追いかけると、
 芳一は立ち並ぶ墓石の前で一人琵琶を弾いている。
 僧らは驚いて芳一に駆け寄り、

 演奏を止めさせて寺へ連れて帰ります。
 正気に戻った芳一に事情を聴くと和尚は驚いて、
 亡霊が芳一の琵琶を気に入り、

 あの世へ連れて行こうとしていると、
 芳一に諭して亡霊が来ても返事もするなと申しつけ、
 芳一を裸にして体中に般若心経を書き込みました。
 その夜、いつものように亡霊が芳一を迎えに来ると、
 芳一の姿が見えない。

 亡霊は「芳一」と呼びかけますが、
 芳一は和尚の言いつけを守って返事をしない。
 「芳一は何処へ行ったのであろう?

 ああここに耳だけある。
 せめてこの耳だけでも持って帰ろう」とつぶやき、
 氷のような冷たい手で芳一の耳をもぎ取りました
 和尚は耳に経文を書くのを忘れていたのです。
 芳一は血だらけとなって両耳を失くしましたが、

 命だけは救われました。
 この事以来、阿弥陀寺全山をあげて法要を行い、
 平家の亡霊を弔うようになったという事です。


「耳なし芳一」は、小泉八雲の「怪談」に収録された話で、
その元ネタは一夕散人著「琵琶秘曲泣幽霊」で、
内容は殆ど同じものだとのこと。
この話はフィクションとされていますが、
一夕散人が創作したものか?
それとも何らかの元ネタが阿弥陀寺にあったのか?
阿弥陀寺が廃寺となって資料が殆ど無い今、
それを知る術はありません。


平家一門之墓」。
平家一門の遺体は壇之浦に沈んでいますので、
これはもちろん供養塔
また、これらはすぐに建てられたものではなく、
慶長期に建立されたものだという。
阿弥陀寺はあくまで安徳天皇を弔う為のもので、
平家一門を弔うものではありませんでしたので、
当たり前といえば当たり前でしょうか?
関門海峡での海難事故等に、亡霊の噂などが流れた為、
新たに平家一門を弔う目的で建立されたものでしょう。
仮に芳一のモデルとなる人物がいたとすれば、
この墓の前で琵琶を演奏したのでしょう。
従って「耳なし芳一」は江戸期の話という事になりますね。

さて、幕末の阿弥陀寺。
吉田松陰北浦巡視の際に阿弥陀寺に参拝し、
絵説を聞いて宝物を見学した他、
多くの志士の日記などに阿弥陀寺の事が書かれています。
また、一時奇兵隊の屯所にもなっておりますし、
小倉戦争時に砲台も設置されています(記事はこちら)。

維新後、天皇陵が寺院に管理されている事が良くないと、
阿弥陀寺は廃されて天皇社として神社となり、
当時の住職が還俗させられて宮司となりましたが、
ほどなく白石正一郎が2代目宮司に就任。
明治8年に赤間宮に改称して官幣中社に列格し、
昭和15年に官幣大社に昇格し赤間神宮に改称しました。

初代宮司である元阿弥陀寺住職の大司氏の事と、
白石の2代目宮司就任についてはよくわかりませんが、
真言宗僧侶がいきなり宮司になれるものではないでしょうし、
白石は元々が神道の信者であったし、
幕末期の貢献度から見ても、天皇を祀る神社の宮司に、
ふさわしかったのではないでしょうか?

■関連記事■
下関市豊田町 安徳天皇西市御陵墓参考地
 安徳天皇は赤間神宮ではなくここに眠っているという。
下関市阿弥陀寺町 真木菊四郎・白石正一郎の奥都城
 赤間神宮2代宮司となった白石正一郎の奥都城。
源平Night in 赤間神宮
 赤間神宮での夏の夜のイベント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。