下関市阿弥陀寺町 梅ノ坊砲台

平家一門と共に壇ノ浦に沈んだ安徳天皇を祀る赤間神宮
この赤間神宮は、幕末まで阿弥陀寺という寺でしたが、
明治になって「天皇社」として神社となり、
明治8年に「赤間宮」15年に「赤間神宮」となりました。


赤間神宮」。
竜宮城をイメージした水天門。赤間神宮のシンボルです。
2代目宮司は白石正一郎でした。

赤間神宮の前身である阿弥陀寺は、
無量寿院の称号を持つ大寺院で、
梅ノ坊、奥ノ坊、西ノ坊、青蓮坊、
円福坊、多聞坊などの諸坊が建てられており、
下関を訪れる旅人や商人の殆どが参拝したとされます。
吉田松陰は北浦巡視の際には、
阿弥陀寺で宝物を見学しています(記事はこちら)。

阿弥陀寺が神社となったことにより、諸坊、支院も消滅。
建物は売却されて民家となったり、料亭となりしました。
春帆楼がその料亭で、医師藤野玄洋が庫裏を買い取り、
月波楼医院」として医院を開業。
玄洋の死後に妻みちが、割烹旅館を開いた事に始まります。

空襲でほとんどの建物が焼失する中、
唯一阿弥陀寺の建物として残るものがあります。
それが「梅ノ坊」。

赤間神宮の境内を右に抜けると、
急な階段と鳥居があります。
これが大連神社に向かう参道です。


勅使殿(梅ノ坊)」。
阿弥陀寺の諸坊のひとつであった「梅ノ坊」は、
小倉戦争の際、奇兵隊五番縦隊が宿営し、
その庭園には、四寸一分口径長砲一門が配備されました。

この「梅ノ坊」には、日清講和談判(下関条約)の際、
日本側の全権大使であった伊藤博文が宿泊しています。

その後、民家となっていましたが、
昭和60年の安徳天皇800年式年大祭で、
勅使小出英忠掌典を迎えるため、
御休所として修繕されました。
この際に「勅使殿」と名付けられています。


梅ノ坊砲台跡」。
梅ノ坊の庭先に砲台が設置されていました。
眼下には、奇兵隊の屯所であった極楽寺が見えます。

この配置では、極楽寺の頭を砲弾が飛ぶ形になりますが・・・。

極楽寺と梅ノ坊の位置関係。
完全に極楽寺の後ろからの砲撃ですね。

大連神社の参道には、
壇ノ浦で使用されていた「倭船」が置かれています。

壇之浦漁釣船」。
壇ノ浦の漁師は平家の末裔であるとされ、
海底に沈む幼帝や平家一門を弔い、
漁の間は正座をしていたという。
近年に機械船が導入され、「倭船」が姿を消してしまい、
最後の一隻となったこの舟を、ここに奉納したそうです。


大連神社」。
階段を上った先に「大連神社」があります。
この神社はもともと中国の大連にあったもので、
当時の日本の租借地に建てられた神社だったのですが、
日本の敗北後にソ連満州関東州に侵攻し、
日本の施設のほとんどが襲われますが、
大連の神職がソ連兵に雅楽舞楽を披露し、
御神体と神宝を日本に持ち帰ることを許されたという。
大連神社の宮司が赤間神宮の宮司に就任した際に、
赤間神宮境内に仮遷座。
その後、伊勢神宮の古社殿を譲り受けて、
現在の社殿が完成して正式に遷座しました。

その他、境内には「大東塾十四烈士之碑」や
紅石稲荷神社」があります。

さて、幕末には関係のない「大連神社」に来た理由は、
その背後の紅石山にあります。
この紅石山にも、小倉戦争時に砲台が設置されていた様で、
次回はその痕跡を探す為、山へ入ることにします。

■関連記事■
下関市阿弥陀寺町 紅石山砲台跡
 赤間神宮の裏手にある小倉戦争時の砲台跡。
下関市阿弥陀寺町 八軒屋砲台跡
 八軒屋の海岸沿いに置かれた台場跡。
下関市阿弥陀寺町 赤間神宮
 赤間神宮は元阿弥陀寺でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。