下関市阿弥陀寺町 八軒屋砲台

関門海峡は、無数の船が毎日のように行き交い、
とても素晴らしいロケーションなのですが、
近年の人口減少に反して、
海岸線に高層マンションが建ち始めました。

特に阿弥陀寺町には、何棟もマンションが建ち並び、
たかだか人口20万人の中核市なのに、
入る人いるの??と思っちゃうほど。


阿弥陀寺町」。
国道9号線から関門橋を眺めた様子。
ベランダから関門海峡が望めるって、
たしかに素敵でしょうけどね。
花火大会も特等席で観られるでしょう。
まあ、こういうのが建って人口増加に繋がれば、
それはそれで良い事なのかな?

さて、そんな高層マンションが建ち並ぶ中、
小さな小さな漁港がそこにあるのです。

壇ノ浦漁港」。
今でこそコンクリートの防波堤に変わっていますが、
少し前まで室町時代からの石組みが残され、
今も所々にその面影が見られます。

漁港に隣接する家々は、舟屋と呼ばれる形態の家屋で、
階下からすぐに漁に出られる特殊な造りになっています。


高層マンションと舟屋のコントラストが、
なかなかシュールな雰囲気。
ここの漁師は平家の残党だという言い伝えがあり、
海底に沈んだ幼帝平家一門を弔うために、
正座しての一本釣りを行っていたらしい。
※現在もそうしているのかはわかりません。

ここは八軒屋町と呼ばれており、
家が八軒あったのだろうと思いますが、
現在はもっとあります。
この港の北側に砲台が設置された記録があります。


・・で、北側ですが、
どこに砲台が設置されていたのかはわかりません。
奥に建ってる家屋のある辺かな?

■関連記事■
下関市阿弥陀寺町 紅石山砲台跡
 赤間神宮の裏手にある小倉戦争時の砲台跡。
下関市阿弥陀寺町 梅ノ坊砲台
 阿弥陀寺の諸坊に置かれた台場跡。
下関市阿弥陀寺町 赤間神宮
 赤間神宮は元阿弥陀寺でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。