谷梅処

司馬遼太郎という作家は恐ろしい作家です。
彼の作品が歴史上の人物のイメージを決定し、
それが世間の評価となっていると云っても、
けして過言ではありません。

坂本龍馬が幕末の一大英雄になったのも、
竜馬がゆく」のおかげでしょう。
彼はそれまでマイナーな人物でしたが、
この作品によって幕末の主役となりました。

歴史の認知度において司馬の功績は、
計り知れないものがあります。
しかし、反対に罪を生むこともありました。
司馬が悪いわけではありませんが、
彼の作品はあくまで小説なのですが、
その小説があたかも全て本当のことのように、
読者に錯覚させてしまいます。

司馬の作品は小説ですから、
面白おかしくエキサイティングに書かれており、
史実よりも強調したり、付け加えたりして、
創作の部分が含まれています。
司馬自体も歴史を捻じ曲げようとは思ってないでしょうが、
司馬の文書力の素晴らしさからか、
読者が本当の事と勘違いさせてしまうのです。
かくいう僕も嘗てはそんな一人でしたし・・・。

そんなイメージづけられた被害者の一人に、
谷梅処(うの)がいます。

彼女は高杉晋作が死んでから、
稲荷町にもどって男と遊びまくってたのを、
伊藤博文山縣有朋無理やりに髪を切られ、
尼にさせられたとされ、
軽い女、頭の弱い女の烙印が捺されています。

ネットのいろんなHPやブログを見ても、
そんな事を書かれていますので、
一般的にそう思われているのでしょう。
司馬の小説「十一番目の志士」に、
そういう描写がありました。
この作品は司馬作品の中でも創作が多く、
主人公自体も創作なんですけどね。

晋作が死んだあと、伊藤や山縣が相談して、
貞操観念の薄いおうのが花町に浮名を流すことがあれば、
晋作の名前に傷がつくと考え、
主人公の天童晋介にうのの髪を切らせ、
天童が晋作のためにすす最後の仕事であったと、
小説では締めくくられます。

司馬作品のおうのは、男好きで、頭が悪く、
どうしょうもない女という風に書かれていますが、
実際にそういう人物であったという資料は、
僕の知る限りありませんし、
その後の彼女の生き方を見ても事実とは思えません。

僕の考える事実はこうではないかと思います。

おうのの貞操観念が薄いというのは、
晋作の手紙に「浮気は慎みなさい」的な内容がある事から、
司馬がそのように発想したもの。
しかし彼は奥さんの雅にも、
ああしなさい。こうあるべき。云々・・」と、
色々な訓示のような手紙をたくさん書いていますので、
おうのにも訓示のように書いたのだと思われます。
これは女性に対する晋作のクセですね。
英雄である高杉晋作先生の妾に手を出そうなんて、
当時の下関の男連中が出来るとはおもえません。

実際、常識的がわからない女性だったのかもしてません。
しかし、右を向けといっていれば、
いつまでも右を向いている女であったという彼女は、
ああしなさい、こうしなさい」と一言言えば、
ああ、そういうものなんだ」と納得する女性だったでしょう。
晋作の死後、おうのはこれからどうすればよいかわからず、
生きるためには稲荷町に戻るはないと思ったのでしょう。
※普通、妾は旦那が死ねば遺産など何も残らないので、
 生きる為に働かなくてはいけない。


ここで男がよく勘違いするポイントで、
飲み屋風俗に男がいくと、
ホステス風俗嬢は楽しそうに接客してくれる。
楽しくやってる。好きでやってる。と思い込む。
まあ勘違いさせるのが商売なんですが、
彼女らは仕事としてやってるし、
生活の為にやってるわけで、楽しいから、
好きだからやってるわけではありません。
※一部の女性は、好きでやってる人もいるでしょうけど。
借金もないのに花町に戻るのは男好きだから」と、
決め込むのはどんなものかと。
おうのの「手に職」は三味線なわけで、
お座敷に上がる以外に食う術はないですから。

自分の旦那がどれほどの英雄だったかなんて、
おうの本人にはわかりませんし、
単純な当時の常識として、
旦那が死んだら花町に戻るより道はないでしょう。
それを聞いた伊藤や山縣らが、
その菩提を弔うために尼になるのが望ましい
と、うのに教えれば、
ああ、そういうものなんだ」と素直に納得して、
尼になったのではないでしょうか?

仮に、無理やりに髪を切って尼にしても、
自分にそのつもりが無いなら絶対に逃げ出します。
坂本龍馬の妻お龍が龍馬の死後、
坂本家元海援隊士からいろいろ世話されてても、
結局逃げ出したのと同じように、
逃げ出してしまうにちがいありません。
奇兵隊や山縣が監視してるわけでもないので、
逃げたかったらいつでも逃げれる状況でしたし、
その後の高杉家との交友を考えても、
とても無理やりとは思えませんね。
その気があったから山縣に生活を支援してもらって、
一生を晋作の墓守としてすごせたんじゃないでしょうか?

花盛りの若いうちから一生を墓守として過ごしたのに、
「無理やりさせられた」とされるのは、

かわいそうな話じゃないですか??

■関連記事■
雅とうの
 妻と妾の関係。通説は違っているのではないか?
おりょうさんについて①
 坂本龍馬の妻お龍さんのその後。
高杉晋作顕彰碑物語①(晋作を顕彰する)
 晋作の顕彰碑を待ちわびる梅処尼。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。