おりょうさんについて①

①/

坂本龍馬の妻として知られる楢崎龍は、
京都の青蓮院宮の侍医の娘で、
比較的裕福な家庭で育ったという。

安政の大獄で父が捕えられ、
文久2年に病死すると生活は困窮。
妹らが女郎屋に売られそうになったところを、
啖呵を切って助けたという武勇伝も伝わります。
ヤクザに啖呵を切ってどうにかなるとは、
とても思えないのですが、
お龍の性格を語るエピソードとして知られます。

その後、龍馬と知り合って妻となりますが、
龍馬が各地を奔走している間は、
伏見の寺田屋に預けられます。
そこで中村半次郎に夜這いをかけられたり、
近藤勇に貢がれたりしたらしい(本人曰く)。


一般的に知られるお龍の写真。
実は別人で子爵土井家の妾の女性という。

寺田屋で龍馬や三吉慎蔵が襲われた際、
のままで危険を知らせた話は有名。
薩摩でハネムーンをしたことも知られます。

龍馬と海援隊が参加した幕長戦争の際には、
小曾根英四郎家(記事はこちら)に預けられ、
戦争終結後に下関の本陣伊藤家にて、
龍馬と暮らすようになります。

その後、龍馬が凶刃に倒れると、
三吉慎蔵が三ヵ月ほど面倒を見て、
その後は土佐の坂本家に送られています。

しかし坂本家で義兄夫婦とソリが合わず、
三ヶ月で坂本家を出奔。
妹の夫菅野覚兵衛に世話になりますが、
※元海援隊。
覚兵衛の海外留学で居られなくなり、
京都に戻りました。

龍馬の墓近くに家を借りて住み、
貧困に困っているとある五条の公卿が、
米を送ってくれるようになりますが
やがてその公卿から、
毎月送るのは手がかかるから、
いっそ屋敷に住まないか?
」と提案される。
それが嫌で京都を逃げ出し、
西郷隆盛に頼ろうと東京へ移動。

しかし西郷は官職を辞して鹿児島に帰る直前。
お龍に20円を渡し鹿児島に帰ってしまいます。
仕方なく元海援隊士や龍馬の知人の許を転々。
元海援隊士の間ではお龍の評判は悪く、
その素行が問題視されます。

後に商人西村松兵衛と再婚して西村ツルと改名。
横須賀で暮らし、明治39年に死去しました。

土陽新聞掲載の坂崎紫瀾著「汗血千里駒」が、
巷で大人気となった為、
忘れられた存在だった坂本龍馬の名が、
広く世間に知られるようになり、
安岡秀峰川田雪山がお龍を訪ね、
おに龍当時の事をインタビューを申し出ました。

つづく。
①/

■関連記事■
坂本龍馬と下関
 お龍は龍馬の死を本陣伊藤家で聞きました。
長崎県長崎市 後藤象二郎邸跡/小曽根邸跡/海軍伝習所跡
  お龍の像があります。
京都府京都市 京都霊山護國神社③
 霊山護國神社にある坂本龍馬の墓。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。